半分のアボカド

アボカドは、「森のバター」と呼ばれるほど脂肪分が多く、栄養価が高い果物ってことは、皆さんよく知っていますよね。

 

油と聞くと、一生懸命カロリー計算をして、

ダイエットしてる人から見れば要注意食品なわけです。

 

栄養価が高いだの、健康にいいだのと言われても「食べ過ぎ注意」が付いて回っていました。

 

でも、ちょっと待って!

実はこのアボカド、他にも呼び名があるんですよ。

食べる美容液

 

なんか、すごくないですか?食べるだけで美肌になれるアボカド。なんだか信じられませんね。

ちょっと、調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク


「食べる美容液」の実力とは。

アボカドでお肌に効果を期待するには、

  • 果肉を食べる方法
  • オイルを飲む方法
  • オイルをお肌に塗る方法

があります。

果肉には圧倒的な美肌効果あり!

驚く女性

アボカドには、数年前彗星のように現れて、いまでは美肌の代表選手のようになっている、コエンザイムQ10が含まれています。

酸化を防いでくれるので、いやーな肌サビを予防して、お肌の老化や肌荒れを防いでくれるんですって。

 

それだけでも食べなくっちゃと思うけど、まだあるんです。

 

オレイン酸を含んでいて、悪玉コレステロールに効くので、血液サラサラでお肌のターンオーバーを促してくれるから、美肌にいいってわけ。

 

他にも、昔から美肌にいいと定評のあるビタミンE、脂肪を分解してくれるビタミンB6、むくみに効くカリウム、肌色を左右する鉄分や葉酸まで食べなきゃもったいない!っていうのはそのためなんです。

 

もう一つ、食物繊維も豊富に含まれているので便秘の予防になります。

ニキビや肌荒れもこれで安心。

 

アボカド

そのまま飲めるから効果抜群!

アボカドオイルはちょっとビックリですけど

そのまま飲むこともできるんです。

 

それは、果肉だけを絞っていて、

高純度・無添加だからできることなんです。

もちろんアボカドの栄養も、そのまま。

 

嬉しいことに、アボカドのオイルの中には、最近その問題点が指摘されるようになったトランス脂肪酸の含有量が抑えられているものもあるのです。

 

アボカドオイルは、くせのない味でお料理にも使えます。

アボカドの栄養を手軽に摂れていいんですよね。

 

お肌に塗ればぷ〜るぷる!

石鹸

そして、お肌に塗る方法。

アボカドオイルのビタミンEやミネラルがお肌をいたわりながら、潤いを与えてくれます。

美容液としてはもとより、マッサージオイルとして、クレンジングオイルとしての使い方も人気が出てきました。

肌に優しいオイルなので、北米ではベビー石鹸として定評があり、敏感肌の人にもいいですね。

 

どうやって食べると効果的なの?

アボカドの美肌効果を高める、食べ合わせの良い食材がいくつかあります。

 

どこでも簡単に手に入るものの中から

ご紹介したいと思います。

アボカドとトマト

○アボカド×トマト=美肌効果

トマトの赤い色、リコピンが美肌効果アップにつながります。

サラダ
  • アボカド1個
  • トマト2個

※食べやすい大きさに切ります。

ドレッシング
  • おろしにんにく
  • オリーブオイル
  • 酢、醤油、塩こしょう

※材料を合わせてドレッシングを作り、アボカド、トマトと混ぜ合わせれば出来上り。冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

春巻き

○アボカド×鮭=老化防止

鮭のアスタキサンチンが、シミやシワに効くので、老化予防につながります。

春巻き
  • アボカド半分
  • スモークサーモン50グラム
  • スライスチーズ半分

※一口大にスライスします。

春巻きの皮にスライスチーズ、アボカド、スモークサーモンの順にのせて巻き、フライパンで揚げ焼きにします。お好みで、ポン酢やマヨネーズを付けて召し上がれ。

 

アボカドは大きな種があり、

切り分けるのにちょっとコツがあります。

 

こちらの動画を参考にしていただくと、簡単です。

まとめ

  1. コエンザイムQ10が肌の調子を向上させて若返らせる。
  2. オレイン酸の血液サラサラ効果で、肌サビ予防。
  3. 豊富な食物繊維で便秘予防。ニキビや肌荒れ予防で安心。
  4. 食べ合わせの相乗効果で、効果アップ!

 

健康にいいのは知っていたアボカド。

美肌にもいいなんて、毎日の食事に取り入れない手はありませんね。

取り入れ方も、好みで選べて嬉しい限り。

食べ合わせの効果アップも、献立を考える楽しみが増えます。

 

1日1個のアボカドで、あなたも美肌を手に入れてくださいね。

 

関連記事

 

スポンサーリンク