汗をかく男性

強い恐怖を感じると、ドッと冷や汗が噴き出します。

抑えようと思ってもなかなかコントロールが出来ないものですね。

 

自分でもビックリするほどの冷や汗をかいて

パニックになりそうになったこと、

結構多くの人にとって経験のあることではないでしょうか。

 

そういう瞬間って日常生活より仕事やアルバイトの時が多いですね。

あとはホラー映画を観たり、おばけ屋敷に入ったりした時とか。

 

自分が冷や汗をかいた瞬間を思い出そうとしたけど、思い出したくない。。。

そんな冷や汗について調べてみました!

 

スポンサーリンク


冷や汗が出ることは不自然?

顔に手をあてる銅像

冷や汗とは、体温調節を目的としておらず暑くない時に出てくるものです。

 

それは「精神的発汗」とされ、

気持ちが動揺して交感神経が過敏にはたらくことに由来しています。

 

なかには頻繁に冷や汗をかいている人もいますが、

これは体に異常があるわけではなく、正常な体のはたらきなのです。

 

とはいっても、

冷や汗なんてなるべくかきたくないですよね!

 

ひとつ注意すべきは、

全く恐怖を感じているわけでもないのに冷や汗が出てきた場合です。

 

心筋梗塞の症状として、現れる身体的影響の場合もあるので、そのような自覚症状があった場合は医療機関に相談しましょう。

 

汗で気になる臭いの成分

腕を上げた女性

汗をかくとその臭いが気になりますよね。

最近では季節に関わらず、

エチケットとして制汗剤を持ち歩いている人が多くなっているようです。

 

ドラッグストアをブラブラしていると、

制汗剤のコーナーがどんどん拡大している気がします。

 

「ストレス社会」といわれる現代、

昔に比べて冷や汗をかいてしまうシチュエーションが増えているのでしょうか。

 

それは恐ろしい!!!

 

実は人間がかく汗のうち、

最も強い臭いを発するのが冷や汗や脂汗です。

 

何故かというと、

数あるいろいろな汗のうち、一気に噴き出すところに臭いの原因があります。

 

時間をかけずに汗が出ると、

その成分に乳酸や重炭酸イオンを含みます。

それが臭いの原因となり、

人によってはアンモニア臭を引き起こします。

 

ただでさえ汗がドッと出たら恥ずかしいのに、

それに加えてアンモニア臭まで発してしまったら、もうパニックになりそうです~!。

 

たくさんの冷や汗は病気とも関係が深い!

悩む男性

冷や汗と病気の関連性においても確認しておきましょう。

 

まず1つ、

冷や汗は低血糖の初期症状にもあるんです。

そして症状が深刻になると、

昏睡状態にまでなってしまうので要注意!

 

2つ目は、

耳の病気として知られているメニエール病

この病気は内耳にある、

内リンパ液が過剰に出ることで発症します。

 

その多くは、ストレスが原因であるという考えが多く、精神性疾患との関連性も注目されています。

 

メニエール病にかかる人の多くは、

めまいに悩まされ、

それが激しくなると冷や汗も出るそうです。

 

そして最後に、

脳貧血という病気も貧血と深い関係があります。

 

集会などの時に立ったままでいると、突然気分が悪くなって倒れてしまったり、クラクラとめまいを起こしたりする人がいます。

これらの症状は脳貧血によるもので、

このような時に冷や汗が出ることがあります。

 

自分の冷や汗が気になっていて、

ここで紹介した3つの病気である可能性を感じた人は医師へのご相談をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク


脂汗と冷や汗の違いは?

タイヤと女性

冷や汗に比べると脂汗は、

ベタベタしたイメージがあるのではないでしょうか。

 

なんとなく脂汗は、

お笑い芸人の人がスベった時によくかいている気がします。

 

この2つがどう違うかというと、

緊張や焦りによって出てくるのが脂汗、

恐怖や恥ずかしさを感じた時に出てくるのが冷や汗です。

 

違いはなんとなく分かるけど、極めて似ているものだといえそうですね。

区別をするとしたら、

それぞれの汗の出どころがポイントです。

 

脂汗の場合は顔周りや額から出るイメージ。

冷や汗の場合は背中やワキから出るイメージ。

 

脂汗と冷や汗という言葉を使い分けるとしたら、ここで判断するのが良いでしょう。

 

まとめ

暑い季節は一日に何度も汗をかきますね。

でも、これまでに汗のことなんかじっくり考えたことは無かったです。

自分がかいた汗の種類をきちんと把握しておくことが、実は健康維持になるのだと分かりました。

汗をかいたら臭いをケアすることばかりに気がいってましたが、

本来は体からの重要なサインであることを再認識しました。

 

特別な恐怖体験が無いのにめまいやだるさに加えて冷や汗が出た場合は、血液の循環不全が起きている可能性があります。

 

日本では無痛性心筋梗塞により、年間1~2万人も亡くなっているそうですよ。

無痛性心筋梗塞の予兆であれば早期発見が大切です。

冷や汗を伴う体調変化には日常的に気を付けておくようにしましょう!

 

自律神経と体臭に密接な関係があった!?放っておくと大変なことに!

自分の匂いが好きなあなた!その心理と安心する理由を大公開!

 

スポンサーリンク