お盆

お盆と言えば迎える側は準備などいろいろと大変ですよね。

私の実家も毎年お盆は多くのご先祖様を迎えるので準備が大変です。

 

特に初盆となるとどうやって迎えるのかわからず、

苦労する方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、毎年お盆の準備をしている私が

初盆の迎え方を紹介します。

 

スポンサーリンク


初盆って何?いつのこと?

初盆とはいつのことをいうのでしょうか?

 

初盆(はつぼん)は故人が亡くなって

四十九日が過ぎたあとに迎える初めてのお盆のことをいいます。

 

初盆以外には新盆(にいぼん・しんぼん)

と言う場合もありますよ。

 

ちなみに、

四十九日より先にお盆を迎える場合は、

翌年が初盆になりますので注意してくださいね。

 

初盆は故人が初めて帰ってくるお盆になるので、

家族以外にも親族や親しかった方々を招き、

手厚く供養しましょう。

 

家に住職さんを招いてお経を読んでいただく家庭も多くありますよ。

 

その場合、

お布施(おふせ)を忘れず用意しておきましょう。

 

金額は地域やお寺との付き合いの度合いによって変わりますので、家族や親族と相談して決めましょう。

 

どうしても悩む場合はお寺に直接聞いてもいいですよ。

 

ちなみに一般的にお布施は、

3~5万円用意する家が多いそうなので参考にしてください。

 

初盆の準備

お盆イラスト

まずは初盆の日程が決まったら

親族や親しかった方々など参列者に時間と場所を連絡しましょう。

 

連絡方法は電話や往復はがきで大丈夫ですよ。

 

料理やお返しの品などの準備がありますから、参加人数は事前に把握しておく必要があります。

 

参加人数が決まったら会食の場所を決めましょう。

 

自宅に招ける人数の場合は、

自宅で会食することもできますし、

人数が多い場合は料亭などで会食することもできます。

 

自宅での場合、

自分たちで料理を準備するのか仕出し屋さんに頼むなどの方法がありますよ。

 

人数が多い場合などはお盆時期は、

予約が多く埋まってしまう可能性もあるため、

早めに場所や料理を確保するようにしましょう。

 

また、参列者はお供えを持ってきてくれますので

お返しを用意しましょう。

お返しは菓子折りやタオルなどが一般的なものです。

これも参加人数が決まり次第品物を決めて手配するようにします。

 

スポンサーリンク


盆棚の準備

精霊馬イラスト

お盆の時期には仏壇とは別に、

盆棚(ぼんだな)というものを用意します。

 

盆棚には普段仏壇に収めてある

位牌(いはい)を安置し、お供え物を備えます。

 

盆棚の用意は、

ご先祖様の霊を迎える13日の朝にするのが一般的です。

 

北海道〜中部地方では

精霊馬(しょうりょううま

も一緒に準備するのが多いと言われています。

 

精霊馬はナスで作った馬や

キュウリで作った馬などが一般的です。

 

地域によっては、

ナスやキュウリ以外の野菜を用いる場合もありますので、わからない場合は地域の方や親族に確認をしましょう。

 

盆棚に必要なお供え物や仏具は

以下のものがありますが、

地域によって違いがありますので、注意が必要です。

 

  • 位牌
  • 香炉
  • 線香
  • ろうそく
  • 燭台(しょくだい)
  • おりん
  • 盆提灯(初盆の場合は白提灯も準備します)
  • マコモのござ
  • 精霊馬
  • 果物
  • そうめん
  • いも
  • おはぎ

などがあります。

宗派によって迎え方などに違いがありますので、自分の家の宗派に従って準備するようにしましょう。

 

難しいように感じますが、親族の方々が教えてくれる場合がほとんどなので初盆を迎える前に一度、必要なものなど相談してみるといいですよ。

 

 

初盆の服装マナー

初盆の時、何を着ればいいのか悩みますよね。

初盆の場合服装は

基本的に喪服を着用するのが一般的です。

 

子供の場合、制服がある場合は制服を着用していくのが一般的ですね。

制服がない場合や赤ちゃんは特に決まりはありませんが、地味めな服装をするのがベターではないでしょうか。

 

遺族側から平服で参列してもいいと連絡があっても、なるべく地味でラフすぎないものを選びましょう。

 

男性は白いシャツに黒かグレーのスラックス、

女性は白いブラウスに黒のスカートなどがいいのではないでしょうか。

 

また、お手伝いをする場合は白い割烹着やエプロンを準備しましょうね。

 

まとめ

初盆となるとお盆の準備自体を初めてするという人も少なからずいるのではないでしょうか。

お盆の準備というと難しそうな感じがしますが、

基本的に決まったことが多いのでそれに従って準備すれば間違いはありませんよ。

細かい部分などでわからないことがあれば家族や親族、地域の方々に聞くと、その地域での初盆の迎え方などを教えてもらえますよ。

 

私も実家で初盆を迎えたときは親族の方々などに迎え方を教えていただいた経験があります。

一般的な迎え方も大事ですが、親族ともめたくないなら親族に迎え方や準備の仕方などを聞いたほうが無難かもしれませんね。

 

スポンサーリンク