腰痛イラスト

腰が痛い・・・。これは本当に悩ましいですね。

腰が痛くなってまずやることと言ったら体を曲げたり、ひねったりしますよね!?

誰もが経験があるはず・・・。

体を捻った時に「ポキポキ」っと音が鳴ると気持ちいいなって感じ。

 

僕もパソコンを長時間やったり、仕事の合間なんかについやってしまうんですよね~!

でも、なんで音がなるんだろう?

腰が痛い時に音を鳴らすとすっきりするけど、そもそも音を鳴らしてもいいのかなぁ…

 

そこでこれらの疑問を解決するために、

音の原因は?」「腰のどこで音が鳴るの?」「音は鳴らしてもいいのか?」という3つから話をしていくと謎が解けていくと思うので、調べてみました。

 

スポンサーリンク


音の原因とメカニズム

関節が鳴るイラスト

今まで関節を鳴らして音が鳴るメカニズムは、はっきりしていなかったんです。

それが、最近の研究によってわかってきたみたいなんです!!

 

その研究では関節を引っ張る装置を使って、

指を引っ張った時に音が鳴る瞬間をMRIを用いて撮影しました。

 

その結果、関節を引っ張ったら、

滑液の圧が下がって気泡が出てきました。

 

そして、圧力を戻そうとする力で滑液が気泡に流れて音が鳴り、その音が消えるとともに気泡も消えていったというものでした。

 

腰のどこで音が鳴るの?

腰にしろ、指にしろ、音が鳴っているのは全て関節です。

でも腰の関節ってどこ!?って思う人が結構いると思うので、なるべくわかりやすい図を自分で作ってみました。

脊椎のイラスト

腰の関節って左の赤い矢印で書いてあるところをみんなイメージしませんか?

あそこは椎間板といって背骨のクッションの役割をしているところなので、関節としては動かないんですよ。

 

赤丸で囲った部分を「椎間関節」と言い、

ここが腰の関節ということになります。

 

人によっては、この部分が体を曲げたりひねったりすることで「ポキポキ」と音が鳴ります。

 

 

スポンサーリンク


音は鳴らしていいの?

はてなイラスト

音を鳴らすと気持ちいいからって、くせになっている人いますよね!?

 

でも音鳴らすのはよくないんです!!

 

基本的に普通に体を動かすときって関節は

ポキポキ言わないですよね!?

 

ですが、体を動かして音が鳴るということは

普通以上に関節が動かされていることになります。

 

音を鳴らすとスッキリするからという理由で、

体を捻ってしまったり、音が鳴らないからって無理やり動かすと、

関節を痛めたり筋肉を傷めてしまう原因になるのでやめたほうがいいんです!!

 

最後に・・・

腰を動かす時に音が鳴るっていうのは関節の中で鳴っていたんですよね。

そして関節を強く引っ張った時に音が鳴るということなので、無理に体を動かして音を鳴らすのは非常に危険なんです。

無理に体を捻って音を鳴らすのはやめましょう!!

 

コルセット

 

こちらの記事もオススメ♪

ぎっくり腰の意味と由来は?「魔女の一撃」の語源はドイツ!?

腰痛の方必見!枕なしで寝ると効果バツグンだ!その根拠とは?

腰痛とおならの関係にギクッとする!?理学療法士が真相を語る!

 

スポンサーリンク