眠る少女

私の友人は、ココ・シャネルのように

好きな香水だけをまとって裸で寝るのが一番の至福だと言います。

 

ですが本当に上質な眠りのためには、

何も着ないで眠るのが良いのでしょうか?

 

私も裸で寝てみましたが、私は何か着て寝る方が性に合っているようです。

あなたはいかがですか?

 

スポンサーリンク


さらに上質な眠りを目指して

眠るということは、脳に休息を与えるということです。

 

ぐっすり眠ると、自律神経を回復させ、

ストレスを解消させたり肌の調子を整えるなど

体にいい効果を得ることができます。

 

しかし世の中には

「しっかり寝ているのに疲れが取れない」といった方は多いと思います。

 

それは睡眠時間の問題ではなく、睡眠の質の問題です。

 

寝転がる男性

睡眠時の服装は、

体を休めるうえで重要な役割を果たしています。

 

最初に書いた友人の場合ですが、裸で寝るのも布団に入り体を冷ますことで、副腎皮質からホルモンが安定して分泌され、

ストレス解消にいいのです。

 

しかし大多数の方々は

何かしら着て眠っているのではないでしょうか。

 

そんなパジャマを着て眠るメリットを見ていきましょう。

 

パジャマの意義

そもそもパジャマの役割は、

日中動かし続けた体を休めるためにあらゆる締め付けから

解放させて楽な体制で眠る為です。

 

人は睡眠中にコップ一杯分の汗をかいている

と言われるほどですので、汗をしっかり吸収し、

布団の中の湿度を保つ役割もあるのです。

 

スポンサーリンク


パジャマの選び方

眠るとき、スウェットやジャージで寝る人は多いと思います。

私も二十代のころはそうでした。

 

しかし先にも述べた通り眠っている間、人はコップ一杯の汗を放出しています。

 

ジャージやスウェットなどに多いポリエステルやアクリルの素材ですと

汗を吸わないので、寝苦しい状態となります。

 

また、部屋着のまま寝るという方も、

日中動いた汗を吸った部屋着では、

睡眠中の汗を吸いきれずこれも寝苦しい状態を作ります。

 

じゃあどんなものが良いの!

といった方にパジャマ選びのポイントをご紹介します。

 

  • 吸湿性が高い
  • 寝返りが打ちやすいゆったりしたもの
  • 肌触りが良い

 

吸湿性が高いのはもちろん、

筋肉を休ませるための行動でもある寝返りのうちやすいもの、

そして肌触りの良いものです。

 

これに、洗濯してもへたらない、

丈夫なものであれば完璧です。

 

何日か同じパジャマを着るという方もおられますが、

人は汗と同時に皮脂などの汚れも放出していますので、

毎日同じパジャマを着るというのは肌荒れの原因にもなります。

 

伸びをする女性3

いかがでしたでしょうか。

少しでも快適な睡眠に貢献できれば幸いです。

 

スポンサーリンク