肩こりのイラスト   

仕事でパソコン入力や書類に目を通す日々。

日頃の運動不足も加わって頚や肩の筋肉がガッチガチ!

 

テレビや雑誌で見た体操をやってみたけど・・・

全然よくならない。

こんな慢性的な肩こり。。。悩まされてる人って多いと思います。

 

私もその一人でしたが、

プールで泳ぐことを習慣化していたら少しずつ解消していきました。

だから、是非試して欲しいです!

 

今回は、肩こりに悩んだ経験。

理学療法士として数々の方のリハビリをお手伝いしてきた経験から、肩こりの原因と

なぜプールをオススメするのか?というところを説明したいと思います。

 

スポンサーリンク


肩こりの原因ってなに??

筋肉と血管のイラスト

 

パソコンやスマホ・ゲームを長時間やって

肩や首の動きが悪くなったり、筋肉が張った感じを経験することないですか??

 

これは運動不足が大きく影響しているんです!

 

長時間同じ姿勢でいると、筋肉を動かす回数が減ってしまうため筋肉が固くなります。

筋肉が硬くなると血管を圧迫してしまい、血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると酸欠になって乳酸が発生するため、さらに筋肉が硬くなるという悪循環を招きます。

 

この状態が筋肉における、

コリを発生させる主な原因と言われています。

 

プールが肩こりにいい理由とは??

プールのイラスト2

 

プールの中で運動をすると一番いいことは

全身運動をするということです!

 

先ほど言ったように、動かさなかった筋肉は固くなり、その柔軟性を失います。

 

さらには血流も悪くなるということですから、

全身を動かすプールというのは非常に効果的ということになります。

 

プールで運動をすると、全身の筋肉を使うことになりますから、肩こりの改善にとどまらず

筋力アップ、代謝の改善、体力の向上といった効果が期待できます!

 

 

スポンサーリンク


オススメの泳ぎ方

プールのイラスト1

オススメの泳ぎ方は何と言ってもクロールですね!

その理由は泳ぎ方がイメージしやすいからです。

 

水泳が苦手な人にとって、

平泳ぎやバタフライをやれと言われても困りますよね!?

 

それなら肩を大きく動かせるクロールをするだけで十分な効果が得られます!!

 

速く泳ぐ必要はありません。

ゆっくりでもいいので、大きく肩を動かしながらゆっくり泳いでください。

 

きっと最初は筋肉痛になりますが、これは2-3日もすれば回復しますから、安心してください。

 

まとめ

肩こりの一番の原因は運動不足です。

筋肉は動かさないとあっという間に硬くなってしまいます。そして血流が悪くなります。

簡単な体操でもいいのですが、思い切ってプールで泳ぐという環境を変えるだけで、あなたの肩こりは驚くほど改善します!

私も最初「プールはハードル高いな…」思ってましたけど、泳ぐ習慣を作って本当に良かったですー

水泳は全身運動なので、継続することにより肩こり解消だけでなく、ダイエット効果もおまけに付いてきますよー!

それも楽しみにしておいてください♪

 

関連記事

視力低下の原因は肩こり!?悪化するメカニズムと負の連鎖がエグい!

PCワークに欠かせない!!疲れ目に効くツボ3選

目の疲れにはブルーベリーなのか?アサイーなのか?その結果はっ!?

 

スポンサーリンク