寝る2匹の犬

夏になると暑くて眠れない!なんて日もありますよね〜

 

暑がりの方にとって夏はまさに地獄…

私も「暑ぃなぁ〜」と1日で何100回も言ってしまいます(笑)もういいから早く秋になってくれーと感じざるを得ません!

 

エアコン使えば涼しいんじゃない?とは思っても、エアコンの風が苦手だったり、そもそもエアコンが部屋にないという人も少なくはありません。

私もエアコンの風が苦手でなるべく使わないようにしています。

 

そこでエアコンがなくても快適に眠れるとっておきの対策を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


意外な事実!しっかり湯船が逆にイイ♪

お風呂

暑いときの入浴はついシャワーで済ませがちな人が多いのではないでしょうか?

それは私です(笑)

実はシャワーよりもしっかりと湯船につかった方がよく寝られるといわれているんですよ。

コレ実践しました!マジ効きますよ。(個人差はあるかと思います)

 

湯船にしっかりとつかると暑いんじゃないかと思うかもしれませんが、

湯船につかるとことで1日の疲れをしっかりと取ってくれるので、体がリフレッシュすることができるんですよ。

よって、ストレスなく眠りに入ることができるということです。

 

それでも「やっぱりお風呂は暑い!」という人もいます。

わが家も暑がりが多いので、なかなか湯船に入りたがりません。

 

そこで役立つのが入浴剤です。

入浴剤は夏向けにサッパリするものやヒンヤリするものが売っています。

 

クールタイプの入浴剤はお湯の暑さを軽減してくれるので、暑がりでもしっかり湯船に入ることができます。

お風呂上りもさっぱりとするので、オススメですよ。

 

敷くだけ!接触冷感寝具

ベット

最近ではいろんなメーカーから、

接触冷感シリーズの寝具が販売されていますね。

 

私も敷パッドやまくらカバー、タオルケット等いろいろな種類の接触冷感寝具を持っていますよ。

敷いたりするだけで冷んやりと気持ちいいのでとても重宝しています。

コレどこでも使えるから好き!

 

 

子供も暑いとなかなか寝付けなかったりしますが、

接触冷感の敷パッドを使うとすぐ寝てくるので助かってます♪

 

接触冷感寝具も電気代はかからないし、寝具なので基本的に何もお手入れしなくてもいいのでお手軽に涼しくなることができますね。

 

エアコン無いなら扇風機!

扇風機

エアコンが苦手な人やエアコンがない人がお世話になっている家電といえば扇風機ですね。

でも扇風機だけだと、あんまり涼しくならないですよね〜。

今から紹介する方法で、扇風機を効率的に使って今よりさらに涼しくなりましょう!

 

<1つ目の方法>

扇風機と寝具の間に氷の入った容器(洗面器)などを置いて、扇風機の風に冷気を一緒に含ませるのです。

氷の入った容器からは冷気が出ています。

そこを扇風機の風が通過することによって涼しい風がこちらまでくるという原理です。

 

どうしても氷の入った容器を置く余裕なんてないという場合は、冷やした濡れタオルを扇風機にかけてみましょう。

こうすると扇風機からの風に冷やされた濡れタオルの冷気が含まれ、涼しく感じますよ。

 

濡れタオルを使うことで加湿もできるので、

風で喉がカラカラになるということも防ぐことができて一石二鳥ですね。

 

<2つ目の方法>

直接風を当てるのではなく、足元から少し離したところから「弱」など弱い風で首を振り、

空気を攪拌(かくはん)する方法です。

空気を攪拌することで全体の温度が下がり涼しく感じるということです。

 

暑いと直接強い風を当てたくなりますが、

首ふり機能を使って空気を攪拌したほうが実は涼しかったりするんですよ。

 

これらの方法を使って扇風機をより効率的に使えば、いつもより涼しくすることができるので、是非ともやってみてくださいね。

 

スポンサーリンク


冷んやり氷枕!

氷

暑いとき、体を冷やすのに真っ先に思いついたのは氷です。

氷枕で寝れば暑さは軽減されますよね。

 

氷枕ってゴツゴツして寝づらそう!」と思っている人もいるかもしれませんが、

最近の氷枕はジェルが固くならないタイプがあるんですよ。

これなら頭の下に敷いてもゴツゴツしていないので痛くならないんです!

 

こんな感じのですね。

 

 

ちなみにを冷やすようにすると体全体の体温を効率よく下げることができるので、

氷枕を使用する場合は首部分にあたるように敷くと効果的ですよ。

 

氷枕なら電気代はかかりませんし、

使い終わったら冷凍庫に戻して凍らせるだけなのでお手軽に使えるところがいいですね。

 

まとめ

  1. 氷枕は何度も使えるので経済的。
  2. 接触冷感寝具は購入にお金はかかるが電気代がかからず手軽で便利。
  3. 扇風機は工夫して使うことでさらに快適に効率よく使える。
  4. 湯船にしっかりとつかるとリフレッシュできるのでオススメ。

 

このようにエアコンがなくても工夫次第で涼しく快適に寝ることができます。

どれも実行しやすい対策なので、気になったものからどんどん試していって自分に合った対策で今年の夏も乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク