イライラと待つ

留守中に、ポストに不在票が入っていた郵便物。

時間指定をして再配達を申し込んだのに、その通りに郵便屋さんが来ないと、

「何のための時間指定だよっ!(怒)」

と言いたくもなりますよね…。

 

(でも、お中元やお歳暮で忙しい時期はどうしても仕方ないことも!怒らないで~!)

 

いろんな人の経験談でも、指定時間から30分くらいの遅れはわりとあるようです。

まずは、しばらく待ってみましょう。

 

それでも、来 な い ぞ(謎)

「えっ?どゆコト?&どうなってんの?&どーすんの!?」というときの対処法を、今日はまとめてみましたよ~。

 

郵便の種類によっては【追跡】もできますし、万一のときには保証もあります。

落ち着いて対処しましょう!

 

スポンサーリンク


「再配達が来ない~!」まずは電話を!

電話する男性

まずは、最寄りの集配郵便局へ連絡をしましょう!これが一番手っ取り早いです。

荷物が現在どういう状況にあるかを確認してくれて、その結果を教えてもらえます。

 

ポストに投函されていた、

不在票の【お問い合わせ先】欄担当郵便局・電話番号・営業時間が記載されています。

 

↓「不在票捨ててもうた~!!!」という時は、コチラからも探せますよ♪

郵便局をさがす

 

「 追跡サービス」で荷物の状況をチェック!

パソコンで検索

郵便局のWebサイトにて「お問い合わせ番号」を入力することで、

いま荷物がどんな状況か、どこにあるかを照会できるのが『追跡サービス』

 

例えばゆうパックなら…

  • 荷物が差し出されて郵便局の人が受け取ったときに「引受」
  • 配達の過程で郵便局を経由した場合は「通過」
  • あなたのご自宅最寄りの、配達を担当する郵便局に着いたときに「到着」
  • あなたの自宅を訪ねたが不在だったときには「ご不在のため持ち戻り」

…というように、

荷物がドコでどんな状態なのかというステータスが、一目でわかるようになっています。

 

↓追跡サービスのページはコチラ!お問い合わせ番号を入力するだけ♪

郵便局-追跡サービス

 

追跡番号が付く郵便物には、

  • 一般書留
  • 現金書留
  • 簡易書留
  • ゆうパック(補償あり)
  • 特定記録郵便
  • レターパック(補償なし)

などがあります。

料金はそれぞれ、送る荷物の大きさや重さで変わります。

郵便局のホームページで確認してみてくださいネ。

 

↓郵便物の料金を計算したいときはコチラ

郵便局-料金を計算する

 

「不在票が無い~!?」受け取りできる?

ポストと女性

「不在票が入ってないみたい」「不在票なくした」…どうしよう?

基本的には郵便受けに不在票が投函されるんですが、極マレに不在票が入っていないことも。

ちょっとしたミスだったり、もしくは風に飛んで行っちゃったり…ということもありえますしネ。

 

その他にも、「後で電話しようと思ってたのに、不在票なくした~!!」

なんてことも、あるでしょう。私はよくあります。よく失くします…。

 

そんな時もとにかく、配達を担当している最寄りの郵便局に電話で問い合わせましょう。

荷物がどこにあるかも尋ねられますし、再配達も依頼できます。

 

↓最寄りの郵便局はコチラから探せます

郵便局をさがす

 

不在票の投函される場所に注意!

不在票は基本的には、玄関扉のポストに投函されるか、扉の隙間などに折って投入されます。

しかし、近年増えた【オートロックのマンション】の場合は、

ロビーの集合ポストにしか不在票を入れられませんので、ご注意を!

 

保管期限はいつまで?

壁掛けカレンダー

不在票の入っていた荷物の保管期限は7日間

7日間以内に受取人に配達ができない場合は、差出人のもとへ返送されてしまいます。

7日間の間に受け取れないよ!どうしよう!?

不在通知(書留不在票)には7日間の保管期限が記載されていますが、

その保管期限日から【最大3日】は延長ができることを知っていますか?

 

「明日から出張で受け取れないよ~!」「今週いっぱいは、終電でしか帰宅できないのに…」

なんてときは、ギリギリ助かるありがたい延長かも。

 

ただし、「配達記録」などの一部の種類では延長ができないこともありますので、必ず事前に確認しましょう!

 

スポンサーリンク


郵便物の窓口で受け取りたいときは!?

宅配の受け取り

荷物を郵便局の窓口で受け取りたいときは、

不在票の入っていたその日の内に電話で連絡することがマスト!

 

連絡無しでいると、翌日はもう一度、配達の為に郵便局から持ち出されてしまうからです。

不在票に書かれている【お問い合わせ先】の電話番号へ連絡を!

 

電話で窓口で受け取る手続きを終えたら、配達郵便局で受け取りましょう♪。

持参するものは、以下の3点。

  • ご不在連絡表
  • 印鑑
  • 本人確認書類(免許証・保険証等)

これらを忘れずに郵便局へ!

ほとんどの郵便局で朝9時からの受取が可能です。

 

本人じゃなくても受け取れる?

捺印

本人じゃなくても、同居している家族ならば問題なく受け取る事ができます。

その場合もご不在連絡票・印鑑・取りに行く人の本人確認書類が必要ですので忘れずに!

 

もし、同居の家族以外の友人知人が受け取りたい場合は、【委任状】が必要になります。

 

委任状のフォーマットは、

委任状

○○郵便局長殿

         受取人住所

            氏名 (印)

下記の留置郵便物の受取方を○○○○(氏名)に委任します。  

        記

郵便物の種類:通常郵便物・普通小包郵便物

郵便物の差出人:○○○○(氏名)

                以上

のような形にしておけば大丈夫!

 

この時、郵便物の引受番号がわかる、

「小包郵便物 (引受番号12-3456-78912)」のように書き添えるとベストですね。

委任状は郵便局で回収されます。

 

まとめ

再配達が来ない!ときは…

  1. まずは、最寄りの集配郵便局へ連絡をして問い合わせよう
  2. 荷物がどのような状況かを照会できる「追跡システム」を利用しよう
  3. 不在票が無い、無くした場合もとにかく、配達を担当する最寄りの郵便局に電話で問い合わせよう
  4. 不在票の入っていた荷物の保管期限は、7日間。
  5. 保管期限日から「最大3日」は延長ができる
  6. 郵便物の窓口で受け取りたいなら、電話で手続きをして、必要な物を持って郵便局へ。
  7. 窓口では、同居している家族ならば代理受取が可能。家族以外の場合は【委任状】が必要。

 

郵便や荷物の再配達。

便利だからついつい頼ってしまって、ちょっとでも滞ると、慌てふためいてしまいますよね…(身に覚えがあるのでお恥ずかしい)。

イザ、というときにワタワタしないで済むように、覚えておきたい豆知識です♪

 

次回からはこちらの記事を参考にしてください。

100%解決!郵便局に再配達する際の時間帯と当日ゲットする方法!

 

スポンサーリンク