空とハイビスカス

南国の花、夏の花、ハイビスカス

秋になったら、花も終わりになりますね。また来年も楽しみたいけど…

 

そうなると気になるのは、

冬の寒さに弱そうなハイビスカスの育て方

 

冬を越すために、なにを準備してあげたらいいんだろう?

寒い間、何に注意すれば良いのかな?

 

今回は10月~2月の間の鉢植えのハイビスカスの育て方、冬越しの方法を花屋の私が伝授します!

 

スポンサーリンク


10月になったら、冬越し準備を始めよう

10月 

冬越しの準備を始めるタイミングは、だいたい「10月」。

秋になってきたけど、まだ花が咲いているな~、というぐらいの時期から始めるのが良いですよ。

 

ハイビスカスを室内に取り込もう

ハイビスカスの鉢植

多くのハイビスカスは、とにかく寒さがNG!

12度を下回ると良くないので、鉢を部屋の中に入れてあげます。

 

お部屋に入れる時の剪定がキモ!

家の中へ入れる際に、

細かい枝を切り落として剪定しましょう。

 

まずは動画をチェック!

思い切って、土の上から20~30cm残す程度に剪定をすることで、翌春、大きく成長しやすくなりますよ。

 

ちなみに、挿し木をしたいなら…

オールド系・コーラル系のハイビスカスは挿し木で増やすことができますよ!

挿し木の適期は5~7月上旬頃

 

手順はこちらになります。

  1. 葉が2~3枚ついた元気な枝を切り取る
  2. 植物活力液を入れた水に切り口を半日漬けておく
  3. その後、土を入れた小さな鉢に植える

 

コレだけ!

あとは水やりをしっかりして日陰で管理しましょう♪

 

成功していれば1ヶ月程で根が出ますので、大きな鉢に植え替えていきましょう。

 

置き場所は…

窓辺

置き場所は日当たりの良い窓際が理想的です。

できるだけ室温が12度以下にならないように、暖房で温度調節します。

 

殺虫剤

温かい部屋は害虫が増えやすくなる環境なので、ちょっぴり注意が必要です。

室内へ入れる際に、ハイビスカスになどがついていないか確認しましょう。

  • 葉っぱの裏に虫の卵がついていないか?
  • 鉢の裏にナメクジがいないか?

などを要チェック。

 

念を入れて、オルトランなどの薬で消毒をしてから取り込むと、より安心ですね。

私のオススメはコレです♪

 

室内に置いたあとは?

 太陽の当たる窓

室内の日当たりの良い窓際で育てます。

冬の間は追肥の必要はありません。

 

水は、土の表面が乾いてから2~3日(暖房のよく効いた部屋では1~2日)後に、

鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

 

土が乾かないうちにどんどん水を与えてしまうと、根腐れをおこすので注意!

 

屋外で冬越しさせたい場合は?

ビニールハウス

オールド系の品種であれば、屋外で冬越しができることもありますが、

それでも「他のハイビスカスと比べれば多少寒さに強い」程度です。

 

日本では屋外で越冬するのは、

かなり難しいと考えたほうが良いですね。

 

冬の間も気温が3℃以上あれば葉っぱは落ちますが冬越しができます。

しかし、寒さで株が弱ってしまい、春になっても成長が鈍かったりする可能性が…

 

どうしても屋外で冬越しをしなければならない事情があるときは、

ホームセンターなどで売られている

簡易の温室」を用意するのが賢明です。

 

温度を保ち寒風を防ぐことで、ハイビスカスを冬越しさせてやることができますよ。

 

屋外での場合も、寒い期間はほとんど生育しないので乾燥気味に管理しましょう。

水やりは冷える夕方以降は避けて、昼間に少し暖かめのお水をあげるのがいいですよ。

 

11月に入ったら、冷え込みに注意して!

11月

11月に入ると明け方は冷え込みが強くなり、

地域によっては霜の降りる日も出てきはじめますね。

 

日中は窓際で日光が当たるようにしておきますが

窓の近くは日が暮れると、かなり気温が下がってしまいます!

 

手間がかかりますが、

  • 昼間は日当たりの良い窓辺
  • 日が暮れてきたら窓から離れた場所

と移動してあげるのが理想的です。

 

暖房の効いた温かい部屋では土が乾きやすくなるので、こまめにチェックしましょう。

 

スポンサーリンク


12月~2月は温度と水の管理をしっかり!

 じょうろ

本格的に寒くなると、空気が乾燥しやすいだけでなく、

暖房を使って部屋を温めるので、さらに乾燥しやすくなります。

 

乾燥予防には、適切な水やりがポイントです。

水は受け皿に流れ出るほどたっぷりと

 

ただし、受け皿に水がたまったままにしておくと根が傷む原因になるので、受け皿の水はすぐに捨てましょう!

 

スプレー

さらに、乾燥が原因で害虫が出ることもあります。

霧吹きを使って、葉の表面や裏側に水を吹きかけることを習慣にしておくと、乾燥をぐっと減らせますよ。

 

ヒーター

また、この寒い時期は暖房の風にも気を付けて!

 

ハイビスカスは、温かい風が直接あたると、

葉が落ちやすくなり株も傷つくことがあるので注意が必要です。

 

夜間や明け方は寒さが厳しいので、

窓際から離し部屋の中央に置いてあげて下さいね。

 

春になったらどうする?

大きなハイビスカス

3月、4月……暦的には春になっても、

まだ待って!焦りは禁物です。

 

ハイビスカスにとっての春とは、完全に寒さの心配がなくなってから。

4月下旬~5月始め頃

を目安にして下さいね。

 

朝の最低気温が10度を下回らなくなるのを目安にして、ハイビスカスたちを外に出してあげましょう。

 

夏場は成長が早いので、

2~3号くらい大きめの鉢に植え替えるといいですね。

 

南向きなど、太陽の光がたっぷりで、風はあたりにくい場所へ置くのが理想です。

 

まとめ

  1. 10月ごろ、気温が12度を下回ったら日当たりの良い室内へ!
  2. 11月になったら冷え込みに注意して、昼と夜で移動させてあげよう。
  3. 12月~2月は冷え込みと暖房の風に気を付けよて!
  4. 乾燥し過ぎないように、水をたっぷり適切に与えることが重要。
  5. 春になっても慌てないで!5月頃を目安に外に出そう。

 

基本さえ押さえてしまえば、難しいことはない冬の間の育て方!

ハイビスカスを冬越しさせて来年も花を咲かせましょう♪

 

こちらの記事もオススメ!

ハイビスカスの花言葉は女性的!赤・白・ピンクで違うのは誕生花!?

家庭菜園初心者さん必見!失敗しないプランターの選び方!

真紅で美しい彼岸花!不吉と言われる由来と物騒な8つの別名とは?

 

スポンサーリンク