マスクの女の子

夏にかかる風邪。一般的に言う、夏風邪ですね。

冬と違って夏は暑いので、ウイルスや菌が活発になりやすい!

よって、同じ風邪でも、さまざまな症状に悩まされることが多いです。

 

ハイ!本日は、

  • 子供の夏風邪…早く治す基本を抑えよう!
  • ツライ!夏風邪の各症状への対処法
    • 鼻水
    • 喉の痛み
    • 下痢
    • 頭痛
 

こんなメニューをまとめてみましたよ♪

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク


子供の夏風邪…早く治す基本を抑えよう!

風邪薬

夏風邪が長引く原因は?どのくらいの期間で治るの?

「夏風邪はしつこい」とか「夏風邪は長引く」と言われることが多いですね。

なぜ夏風邪はしつこく長引くのでしょうか?

そう、長引く原因が理解できれば、対処の仕方が見えてきますよネ!

 

食事に問題あり!?

そもそも夏場は暑い!

この暑さゆえに、きちんとした食生活をしていないことが多いのです。

  • 「ツルっと食べやすいそうめん」
  • 「お茶漬けで簡単にサラサラと」
  • 「冷たいアイスと水分だけでいいや」

お料理担当のパパママ……こんな食生活、身に覚えはありませんか?

しっかり寝られない!

夜の暑さのせいで寝苦しく、質の良い睡眠が取れない…ということも。

こういった生活が続くと、だんだんと免疫力が低下してしまうんですね。

こんなときに体調不良を起こすと、

回復するのに時間がかかってしまう、というワケなんです。

暑くて眠れない時、風邪を引いていない方にはコチラの記事がおすすめです。

逆に冷える?暑くて眠れない時の神対策5つ!クールサマー開始!

温度差で自律神経が…

毎日、クーラーの効いた室内と酷暑の屋外とを、何度も出入りしますよね。

この温度差の変化から、身体の自律神経の働きがかき乱されてしまうんです。

 

これらが【夏風邪が長引くと言われる原因なんですね。

夏風邪にかかると多くの子が、治るまでに数日から1週間ほどかかるようです。

しかも、治ったと思ったらまたぶり返して…ということも珍しくなく、1ヶ月間かかりっぱなし、という子も結構いますね。

 

早く治す方法は?悪化させない3原則が大切!

食事をする女の子

夏風邪には、残念ながら、特効薬がありません。

 それでも、できるだけ症状を悪化させずに早く治す方法としては、

  • マスクを付けて寝る
  • うがいを小まめにする
  • きちんと食事を摂り栄養をつける

といった対処法が挙げられます。

 

マスクを装着して寝るのは、とっても有効!

睡眠中の喉が適度な湿度に保たれるため、呼吸が楽なのはもちろん、治りがグンと早くなります。

 

うがいはもちろん喉の殺菌に効果があります。

塩水うがい・緑茶でのうがい・鼻うがいなど、自分にあったうがい方法でしっかり行うとよいですね。

お子さんでも出来る痛くない「鼻うがいの方法」についてはこちらの記事を参考に♪

私の人生を変えた「鼻うがい」のやり方!痛くない2つの方法とは!?

 

あとは適度に栄養と睡眠を摂り、安静にすることが大事です!

 

ツライ!夏風邪の各症状への対処法

【熱を下げる】対処法!早く治すには薬がイチバン?

熱

高熱が出てしまっている時には、あまり我慢をしすぎずに薬に頼りましょう!

座薬は即効性がありますので、短時間で熱を下げることが期待できます。

 

無理に熱を下げるのは確かによくないのですが、

38.5℃あたりまで熱が上がると、かなりの体力が奪われてしまいます。

この弊害の方が、よりリスクがあると考えられています。

体力を消耗しきってしまっては、治るものも治らず、風邪が長引く一方になってしまいますからね。

 

高熱になった時はこちらの記事で対処して下さいね。

子供の夏風邪で高熱が〇日続くと…?病院に行くサインは見逃し厳禁!

 

【鼻水】の対処法は多種多様!出来る限りでトライ♪

鼻水

鼻が詰まって苦しいとツライですよね。

こんな解消法を試してみて!

*鼻のツボ押し*

押すだけ簡単!鼻水・鼻づまりになったらまず押してみましょう。

1「迎香」

小鼻の横の部分のツボ。この部分を4~5回押します。これだけでも少し鼻が楽になりますよ。

 

2「鼻通」

小鼻の上の部分。ちょうど骨が硬い部分にあります。迎香を押したあと、この部分を上下にこすります。

 

鼻が楽になるまで、数回やってみましょう。

*内側と外側から温める*

夏風邪の場合、冷房や冷たい飲み物によって体が冷えることで、鼻水がたくさん出てきます。

夏なのに!?と思いがちですが、風邪の時にはしっかり体を温めましょう。

体が温められると自然と鼻水が外に排出され、止まるようになるんですヨ!

 

冷房の効いた部屋では「3つの首」を温めるようにしましょう。

  • 「首」〜ネックウォーマー・スカーフ・タオルなどで温めて〜
  • 「手首」〜リストバンド・薄手の長袖を羽織るなどして温めて〜
  • 「足首」〜長い靴下・長ズボンを履いて、冷えを防いで〜

飲み物も、キンキンに冷えたものは避け、常温か暖かいものを飲むように心がけること!

ショウガの入ったドリンクは、効果的に体が温まるのでオススメです。

もちろん、お風呂に入って体を温めるのも有効。湯気で鼻の通りもよくなるので気分がスッキリします。

*手作り点鼻薬*

家にあるもので、簡単に子供でも使える点鼻薬を作ることができます。

作り方はめちゃくちゃ簡単!

水500mlに対して食塩5gを入れた水を作り、スポイトなどで1~2滴を鼻に垂らすだけ。

これでカナリ、鼻づまりがスッキリ解消されるので、鼻のかめない小さいお子さんにも有効です。

注意点

鼻は雑菌に弱いので、水は必ず一度、10分以上沸騰させた湯冷ましを使うようにしてください。

*鼻づまり対策薬*

メントール入りの塗り薬を使いましょう!

メントールの香りは、鼻水や鼻づまりにとても効果があります。

鼻の下などに塗るとスーッとして、鼻づまりが解消された!という経験がある人は多いのでは♪

この方法も、小さい子供さんにも使えるのでオススメです。

 

スポンサーリンク


【喉の痛み】を早く治す基本と5つの対処法!

咳

少しでもノドの痛みを和らげたいときには、こんな対処法を試してみて♪

基本は喉もとを暖めるコト!

首元を暖めることで、ウイルスや菌の繁殖を抑えるとともに、腫れや痛みも緩和できます。

1.マスクをする

空気が乾燥していたり、口呼吸のために喉が乾燥すると、痛みが強くなります。

乾燥すると、粘膜に傷がつきやすくなりますし、ウイルスへの防御力が下がってしまいます。

保湿と予防の2つの意味で、マスクをしっかり着用しましょう。

寝ている間のマスク着用も、大きな効果がありますよ。

2.部屋を加湿する

先述のとおり乾燥は天敵です。喉を潤すために、

  • 水分をこまめにとる
  • 室内で加湿器を使う

などは、シンプルだけれども、確実に効果がありますよ。

3.小まめにうがいをする

オーソドックスですが効果的!

イソジンなどのうがい薬や、緑茶うがいや塩うがいなど、殺菌作用があるものを使って♪

4.はちみつを使う

はちみつには、

  • 殺菌効果
  • 粘膜保護効果
  • 疲労回復効果
  • 整腸効果

などの効果が期待されています。

 喉が痛いときは、ひとさじずつ舐めるだけでも、痛みがグンと和らぎますよ。

はちみつは生ものですので、乳児にはNGです!

 5.薬に頼る

 痛くて食事もとれない、水を飲むのもツライ…

そんなときは、市販薬を活用して、痛みを緩和するのもひとつの方法です。

どんな症状にも言えることですが、

「しっかり栄養をとり・しっかり寝る」ことができていないと、治る風邪も治りません。

痛みが長期化しているような場合は、必ず病院を受診しましょう。

 

【下痢】を早く治す3つの対処法と重要ポイント!

腹痛

つらい夏風邪の下痢!長引かせないための方法は、こんな3つです。

1.下痢止めを飲まない

お腹が痛いのはとにかくツライですが、

下痢を薬で止めちゃダメですよ!

下痢は、夏風邪を長引かせないため、身体があえて行っていることなんです。

ウイルスを体外へ出すために咳や鼻水がでるのと同じで、下痢もウイルスを外に出そうとしているわけですね。

下痢を無理に止めることは、体内にウイルスを留めてしまうことで、より悪化してしまう可能性があります。

2.水分を摂る

下痢の時に水分なんか摂りたくないですが、これも非常〜に大切なこと。

水分を控えれば下痢も少しは落ち着きますが、やはりウイルスを身体の中に留めてしまうことになります。

ウーロン茶や紅茶など、腸の異常な動きを抑えてくれる飲み物を、温めて飲むのがベストですね。

3.足元を温める

お腹を冷やさないことが大切なのはもちろんですが、「足」を温めることも重要。

心臓から出た血液は、お腹を通って足の先まで届き、またお腹を通って心臓に戻ります。

このとき足が冷えていると、足から心臓に戻る時に、冷たい血液がお腹を通ることになる……というワケですね。

外側からお腹を冷やさないのと同じく、体の内側からお腹を冷やさないことも大事なんです。

 

【頭痛】への対処法は冷やす!ダメなら薬でもOK!?

頭痛

これも、高熱が出た場合と同じ!

総合感冒薬や解熱鎮痛剤などを服用するのも、ひとつの方法です。

ツラい症状を和らげることは、体力の温存にもつながります。

風邪による頭痛の主な原因は、血管が広がってしまうこと。

まずは痛む部分を氷枕などで冷やして神経の刺激を抑えてみて、痛みが和らげばベストですが、

無理や我慢をしすぎず、薬を活用するのも大事だと、覚えておいてくださいね。

 

まとめ

  1. 子供の夏風邪…早く治すために守ること
    • マスクを付けて寝る
    • うがいをしっかりする
    • きちんと食事をとり、栄養をつける
  2. 各症状への対処法
    • 高熱は、あまり我慢をしすぎずに、薬を活用しよう
    • 鼻水には、体を温めて、鼻のツボ押しや、点鼻薬を活用しよう
    • 喉の痛みは首を暖めて。マスクや部屋の加湿、こまめなうがいで対処を。
    • 下痢は薬で止めないこと。水分を摂り、体を温める。
    • 頭痛は、冷やしても和らがないようなときは、薬を活用しよう

 

一度かかるとやっかいな、夏風邪。夏だから、と気を抜かずに!

寒い時期と同じように、手洗いやうがいで予防できるのが風邪です。

日頃から習慣にして、実践していくことが大切ですね。

 

スポンサーリンク