大阪の市街

「関西弁」と一括りにされてしまいがちな関西地方の方言。

とくに、関西ときくと大阪がいちばんに思いつきやすいためか、

「関西弁」=「大阪弁」と思われがち。

 

しかししかし、「大阪弁」と「京都弁」ってなんか違うよなぁ、ということが想像できるように、

漫才師の喋る関西弁と、ヤクザ映画の関西弁もなんか違うよなぁ、と感じるように、

関西の中の地域でも、各県ごとに微妙に方言が違っているんです。

 

その違いとは、はたしてどんなモノなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


関西弁でもこれだけ違う!「日常単語、各県バージョン」編

標準語を基準にして、ひとつの言葉が関西の各県でどれぐらい違うか見てみましょう。

1「なにしてるの?」

関西の代表、大阪弁だと「なにしてんねん?

テレビの漫才や、バラエティー番組なんかでもよく耳にする、いかにも関西弁の代表格!って感じですよね。

 

この「なにしてんねん」が京都弁では、

「なにしてはりますの?」「なにしてはるん?」になります。

京都弁はこの、「〜してはる」という、はんなり上品な感じが独特ですね。

 

これが神戸弁は「なにしとぉ?」となります。

大阪にくらべると、すこし柔らかい、優しいイメージです。

 

2「ダメだよ!」

大阪弁では、「あかんやろ!

関西で一番スタンダード。

 

これが京都弁だと「あかんし!」ちょっとやわらかいニュアンスですね。

神戸弁では「あかんで!」です。

 

ちなみに、もっと地域限定の言葉のなかには、泉州弁(せんしゅう)の「あっかえ!」

という少々荒っぽい感じや、

播州(ばんしゅう)弁で「あっかいや!」なんていうめちゃくちゃアクが強い関西弁もあります。

 

3「来ない」

大阪弁だと、「けーへん

京都弁では、「きーひん」

神戸弁では、「こーへん」がよく使われるようです。

 

ただ、この辺りは地方地方で混ざり合っていて、

大阪の人が「きーひん」といったり、

京都の人が「けーへん」と使ったりすることもあります。

 

大阪とお城

4「捨てる」

大阪弁・神戸弁では、「ほかす」が多いです。

京都弁では「ほる(ほおる)」がよく使われるそう。

 

「ほる」を過去形にすると「ほった」、

「ほかす」を過去形にすると

「ほかした」「ほった」となるので、

現在系は違うが、過去形になると同じ言葉になる…というケースもあるのがこの例ですね。

 

5「〜しよった」

自分じゃない人が何かをした”という意味合いで使われる言葉です。

 

「アイツ落ちよったで!」と言うと、

「アイツは落ちた!」とか、

「アイツは落ちやがった!」というような雰囲気の意味です。

 

ただしこれが、神戸方面の言葉になると少し違ってきます。

 

「自分が〜しそうになる」ことを「~しよった」と言うことが多いのです。

「俺、落ちよった」は

「俺、落ちそうだった」という、全然ちがう使いかたになるんですね。

 

6「大丈夫」

大阪弁では、「かまへん

京都弁・神戸弁では「いける」

ちょっと変わったところで、播州弁「べっちょない」なんていうのもあります。

 

こんな少しだけの言葉を見てみても、

地域ごとに結構な違いが!

 

ひとくくりに「関西弁」といっても、

言い回しひとつとっても大きく違っているんです。

 

テレビから聞こえてくる「関西弁」も、

よくよく聞くと、「あれ…このひとは京都の方言かな?」なんて考えられたりして、オモシロイかも。

 

関西弁でもモテ度が違う?「京都弁vs大阪弁の恋愛」編

iPhoneと飲み会

方言女子ってイイね」「関西弁の女のコとか萌える」なんて聞いて、キラめく春を夢見て上京していった、若い大阪弁女子は、多いのではないでしょうか。

 

さて、そんなキラめく妄想を胸に、

合コンなどの場に出陣すると、

意外とモテない状況に衝撃を受けることになってしまうかもしれません。

 

実際に生で大阪弁を聞いた男性陣の感想には、

「ちょっとキツい」「漫才みたい」「怒ってるの?」といったものが割と多いんです。

 

方言女子がモテるんじゃなかったのかよー!

と心の中で叫んでしまうパターンに…。

 

そう。方言なら、関西弁なら、

なんでもモテるワケじゃないんです。

 

例えば、その落ち込む大阪弁女子の横で、確実にキラめいている方言女子がいます。

 

それは、京都弁女子!!!

 

「いややぁ、ヘンなこと言わはらんといてぇ」「ホントにきいひんの?さびしいわあ」なんて、

若い女性特有の、はんなり、上品で、かつウブっぽささえ感じる京都弁。

 

街のイメージ的にも、

京都はおしとやか・はんなりというイメージ。

 

こちらでは京都弁のあいさつについて詳しく解説していますよ。

京都弁の挨拶をマスターしよう!京都出身が教える日常編から応用編!!

 

大阪は怖い・キツイというイメージが固定されてしまっており、各方言にも、それが投影されているというのもあるかもしれませんね。

 

隣同士の京都と大阪なのに、

こんなにも喋り言葉で与える印象が違うのかと驚くばかりです。

 

しかしこれがまた、文章となるとすこし違ってくることも。

 

LINEやメールでのやり取りでは、

耳で聞くのとはまた違う方言の魅力もでてきます。

 

例えば、京都弁女子の文面なら、

「そや、明日が言うてはった面接の日ぃやった?頑張って。応援してるわ」

「ありがと。緊張するよ~」

「そないに緊張しはるなら、なんや手つどうてあげようか 笑。」

 

おしとやかで、なんとも上品ですね。

見慣れない京都弁の文面で、女性らしさにドキっとする男性も多いかも。

 

同じものを大阪弁女子が気になる男性に送ってみると…

「せや、明日が言うてた面接の日やんなあ?頑張ってな。応援してるで」

「ありがと。緊張するよ~」

「そんな緊張するなら、なんか手伝ってあげよか 笑。」

 

京都弁のような上品さはありませんが、

元気でカワイイ!親近感がある!と、無邪気に応援してくれている感じに、グッとくるかも?

 

パッと文面を見たときの印象からして、けっこう違いますよね。

あなたはなら、どちらの方言女子をスキになりそうですか?

 

スポンサーリンク


「大阪弁」の中ですら違いがある!「北大阪と南大阪」編

通天閣

同じ大阪府の中でも、京都に近い地域や北摂は京都弁に近いことが多く、大阪市内中心部から南側では、南大阪の喋り方に近いようです。

 

例えば「明日遊びに行かない?」という言葉なら

大阪北部「明日遊びに行へん?」

大阪南部「明日遊びに行へん?」

 

「もう1杯だけ飲まない?」というセリフは、

大阪北部「もう1杯飲へん?」

大阪南部「もう1杯飲へん?」

と、少しづつ語尾が変わるんですね。

 

また、根強いイメージとしてあるのが、

北部は丁寧・おしとやかな大阪弁であり、南部の方ほど荒々しい大阪弁であるということ。

 

ワレ、コラァ、いてこますぞ!

何さらしとんねん!

 

なんて、ちょっと恐い映画の中で出てきそうなイメージの関西弁は、河内(かわち)弁などの、大阪の南部の方言が多いのです。

 

逆に大阪の北部は、

船場言葉(せんばことば)」などを代表格に、ていねいな関西弁が多いんです。

 

船場言葉は大阪市船場の商家で用いられた言葉。

船場はいわゆる商家の町でしたので、好んで京都からお嫁さんをもらっていたことからか、

京都に似て「はんなり」しています。

 

「もうちょっとなんとかなりまへんか」

「ほなちょっと、勉強さしていただきやす」

 

乱暴な言葉遣いが少ないのが特徴で、接客を意識した商売人ならではの大阪弁なんですね。

 

関西人よ!「その言葉、関西以外では通じませんよ」編

東京タワーと青空

地域によっていろいろな言葉のある「関西弁」

いまや、テレビやネットの普及で、関西以外で育ったひとたちにとっても、わりと慣れ親しんだ言葉になっていると思います。

 

「でも、コレを関西外で言うと、全然通じない!」

「全国共通でこういう名前だとずっと思ってきたのに、関西弁だったなんて…」

という独特な言い回し、名詞が関西弁にはあるのです。

 

それらをちょっぴりご紹介。

  • モータープール → 駐車場
  • カッターシャツ → Yシャツ
  • こそばい    → くすぐったい
  • べべ      → ビリ
  • コレ棚になおしといて → コレ棚にしまっておいて
  • いらち     → せっかち
  • めばちこ    → ものもらい
  • さぶいぼ    → 鳥肌
  • 大学4回生     → 大学4年生(関西では~回生と言う)
  • お造り     → 刺身

なかなか面白い言葉が多いと思いませんか?

 

「この本なおしといて!」って渡したけど、この本どこも壊れないのに…、って勘違いされた!

なんていうエピソードは、いまや関西弁あるあると言ってもいいかも。

 

「うわ、腕にめっちゃサブイボが…」なんていきなり言われたら、

どういう病気!? と焦ってしまいそう。

 

いろんな言葉があって、奥が深い関西弁。

ちょっと通じないこともあるかも…だけど、それは関西という場所で言葉を覚えた人ならではの個性

 

もし、あなたが関西弁を使う地域で生まれ育ったならば、せっかくのこんな面白い方言、誇りを持って喋っていきたいものですね。

これで大阪弁は完璧マスターや!

まとめ

  1. 関西弁とひとくくりにいっても、同じ単語が各県でずいぶん違う
  2. 京都弁vs大阪弁じゃ、同じ関西弁といってもモテ度が違うことすらある?
  3. 「大阪弁」の中ですら、北部と南部など地域によって細かく言葉が違う
  4. 関西以外では通じない関西弁がけっこうある

 

「関西弁」とひとくくりにいっても、各県、各地域で、たくさん違いがあるんです。

大阪・京都・神戸…。それぞれの地域で、それぞれの歴史の元に、

地域ならはの言葉が発展して、受け継がれてきたんです。

関西人はドコへ行っても、自分の生まれた土地のことば、「関西弁」を話すとよくいわれます。

自分の育った土地に、関西に、誇りを持っているからこそですよね。

 

よーし、いっちょ今度のコンパは、関西弁ネタで笑いとってみようかな!と思ったアナタ。

もしそのコンパに関西のコがいたら…。

関西人は、関西外の人が関西弁を使用するのを嫌がるコトもあるので、要注意ですヨ。

 

京都弁の挨拶をマスターしよう!京都出身が教える日常編〜応用編!

 

たこ焼きの由来と歴史を総まとめ!現在に至るまでの3つの姿とは!?

「よろしかったでしょうか」は正しい敬語?実は間違いじゃない!?

 

スポンサーリンク