イカスミパスタ

イカスミと言えば、墨汁のように真っ黒なあの色!

「イカ墨パスタが好きなのに、お歯黒が嫌だから外食だと遠慮がち…」「イカ墨が服に付いてダメにした!」「調理中に手に付いて数日間、気になったまま過ごした〜」

こんな悩みや経験がある方必見!

 

今日はイカスミの落とし方をご紹介。

〜ラインナップはこちら〜

  • イカスミ黒い理由と成分の解説
  • 【口や舌の落とし方】と『魔法の水』
  • お歯黒を未然に防ぐ「あの果物」
  • 【手や体(皮膚)の落とし方】
  • 服にイカスミが付いた時の2大ポイント
  • 【洋服や衣類のシミの落とし方】
  • イカ墨と墨汁の違いと豆知識

このような記事の流れになってます。

厄介なイカスミですが、対処法さえ知っていればもう大丈夫です♪

しっかり覚えて帰ってくださいね。

 

スポンサーリンク


まずはイカスミを理解しよう!黒い理由は、あの成分!

髪の毛

イカスミって実は人間の血液の成分と似ている…って、知っていましたか?

イカスミの成分には、

  • 脂質
  • タンパク質

などが含まれています。

そしてイカスミのあの黒い色はメラニン

コレ、人間の髪の毛を黒くする成分と同じ物

イカスミが真っ黒な理由は、メラニンなんですね~!

 

イカスミは低カロリーで栄養価も高いので、食材としてもとっても優秀なんですよ♪

 

【口や舌】が真っ黒になった時のイカスミの落とし方!

デンタル

イカスミ料理を食べると、口や舌が真っ黒になってしまいますよね~。

あれ、外食のときなんかはとくに困っちゃうモノ。

 

基本中の基本ですが、

口の周りは濡らしたティッシュで拭いましょう。

歯についたスミは、しっかりハミガキをすればだいたい落ちますよ♪

 

イカスミはアルカリに溶けやすい性質ですので、よりしっかり落としたいときは、

重曹を加えた弱アルカリ性の水で口をゆすぐとイイですよ。

 

「えっ!?重曹って掃除で使うヤツでしょ?口に入れて大丈夫なの?」と思った方、安心してください。

お前はもう、食 べ て い る !!! 〜ひでぶッ〜 我ながら上手い(照)

 

重曹には、実は3つの種類があるんです。

  • 「薬用」 →医療などで使う
  • 「調理用」→ベーキングパウダーと呼ばれる食品添加物
  • 「工業用」→掃除や脱臭に使う

使うならコレ♪掃除にも使えるのがいいネ。

わかりやすく言えば、

【重曹を加えた弱アルカリ性の水=薄めのベーキングパウダー水】って感じですね。

作り方はコチラの映像を参考にっ

この【魔法の水】は、ホワイトニング&口臭効果もあるんだとか!すんげぇな〜

 

ただ、だけは落ちにくいです。

ハブラシなどで強く磨くのも、舌にとってはあまりよくありません。

しっかりゆすいだ後は、

半日ぐらいたつと自然と落ちますので気長に待ちましょう。

 

外出中でも大丈夫かも!?お歯黒を防ぐには『オレンジジュース』

オレンジジュース

実は、イカスミ料理と一緒に食べることで、黒い色素が歯につきにくいモノがあります!

それが、オレンジジュース

イカスミ料理を食べる前にオレンジジュースを飲むことで、オレンジに含まれる成分が歯の表面にコーティングの役割を果たしてくれるんです。

 

これでもう、イカスミパスタが無性に食べたくなった時でもへっちゃらでしょ!

【魔法の水】【オレンジジュース】この2つを組み合わせたら最強だと思いません!?

外出時のシーンを想定して、実践マニュアルをまとめたのがコチラ。

  1. 外出前に魔法の水をバッグにIN
  2. お店に入る前にオレンジジュースを飲むor入店後→食前で注文しオレンジジュースを飲む
  3. イカスミパスタを食べた後トイレへGO
  4. 口の周りをティッシュで拭く
  5. 魔法の水でお口の中をクチュクチュ

ここまで徹底すればバッチリ♪

 

ただし、歯垢の付着があると効果が半減!

歯がキレイに清掃できていないと、スミの色が付きやすいので、ご注意を…

 

【手や体】の皮膚についたイカスミの落とし方!

手洗い

イカスミが手や体の皮膚についてしまったら、

すみやかに水で洗い流す

これに尽きます!

海でイカスミがついてしまったのなら、海水でさっと洗えばすぐに落ちますよ♪

料理中などについたときは、すぐに流水で洗いましょう。

もし落ちにくいときは、

食器用洗剤などで洗えばほぼ落ちるハズです。

 

【洋服や衣類】のイカスミは落ちる?重大ポイントは2つ!

洗剤

イカスミパスタのシミがとれなくて、服をダメにした…という経験のある人、いるかもしれませんネ。

そう、「イカスミは、服に付いたらなかなか落ちない」んです。

でも、ポイントさえきちんと押さえておけば、ある程度のイカスミは落とすことが可能です。

 

そのポイントとは、

イカスミが付いた衣類は、とにもかくにも速やかに洗う

というコト!

 

そして、もう1つ重要なのは、

墨が付いた部分を乾燥させないことなんです。

イカスミは、湿っていればある程度落とせるのですが、一旦乾燥してしまうと、落とすことがかなり困難になるんです。

 

すぐに流水で洗った後、ワイドハイターなどの衣料用の漂白剤で落とすことで、とれないシミになってしまうことは、カナリ防げます。

外出先なら、衣類を濡らしてビニールにくるむなど、乾燥させない工夫をして持ち帰り、素早く対処を!

早ければ早いほど、カンタンに落とすことができます。

 

スポンサーリンク


すぐに濡らすことが出来なかった時…シミになった時の落とし方!

 以下のような、イカスミのシミ抜き方法を試してみてください!

1〜台所用洗剤をつかう〜

シミになった部分に台所用洗剤を直接つけ、歯ブラシでトントンと叩いて、根気強くシミを薄めましょう。

その後、洗濯・すすぎをして完了です。

2〜過炭酸ソーダを使う〜

石けんでもみ洗いをしてシミを薄くした後、シミ部分に過炭酸ソーダを振りかけ、ネットに入れて洗濯しましょう。

3〜重曹を使う〜

重曹を溶かした水に一日浸けてイカスミのメラニンを浮かせ、歯ブラシでこすってシミを落としましょう。

4〜酸素系漂白剤+台所用洗剤を使う〜

70度程度の熱いお湯に、酸素系漂白剤と少量の台所用洗剤を溶かして、一晩つけ置きしましょう。

 

それでも落ちないときの最終手段は【クリーニング】

クリーニング

乾燥してメラニン色素が衣服に定着してしまったら、我々シロウトでは取れないと思ったほうがイイかもしれません。

最終手段は、クリーニングに依頼しましょう!

 

ただし、クリーニング屋さんの中にも「イカスミの除去はできません」と言うお店もあります。

先に、「イカスミですが落ちますか?」と尋ね、不可ならば違うクリーニング屋さんへ頼むようにしましょう。

 

イカスミと習字の“墨汁”は違うの?

墨汁

イカスミには「墨」という単語が入っていますが、墨汁などの墨とはまったくの別物!

イカスミが黒いのは先述の通り、人間の黒髪と同じ「メラニン色素」のため。

 

墨汁のかわりに習字に使ったり、木版画を刷ったりすることも可能ですが、

イカスミにはたんぱく質が多く含まれているため、長期間置くと作品が虫に食べられることが…!

 

墨汁は、油などを燃やしてできる黒い炭素の粉(スス)が主な成分ですので、時間が経ってもそのような変化はないのです。

 

まとめ

  1. イカスミの黒い色は、人間の髪の毛を黒くする成分と同じ「メラニン」。
  2.  口や舌が真っ黒になったら、しっかりハミガキを。重曹水で口をゆすぐとよく落ちる。
  3. イカスミを食べる前にオレンジジュースを飲むと、歯が黒くなりにくい。
  4. 手などの皮膚についたイカスミは、すみやかに水で洗い流せばすぐに落ちる。
  5. イカスミが付いた衣類は、速やかに洗うことで、ある程度落とすことが可能。
  6. 習字の墨汁は炭素の粉(スス)が主な成分。たんぱく質を多く含むイカスミとは別物。

 

口には「重曹水」と「オレンジジュース

体や衣類のシミを落とすには、対処までのスピードが重要!

早ければ早いほど、楽にスミを落とせます。

万が一のときのため、シミ抜き方法を頭に入れておければ、より素早い対処ができますよ♪

 

スポンサーリンク