萎れたひまわり

切り花や鉢植えの花が、

頭を垂れるようにして萎れてしまった経験ありませんか?

 

これは何らかの原因で、花が茎から水を吸い上げることが出来なくなることが原因。

 

何日も飾っていた花はもちろん、

条件によっては、買ってきたばかりの花でも萎れてしまうことは、たまにあります。

 

そんな、萎れてしまった花を元気に復活させるためには、

花の「水の吸い上げる力」を回復させることが重要!

 

今日は花屋の私が実際に店で行っている、

萎れた花を回復させる水揚げの方法を伝授!

水の温度別に3つのやりかたをお教えしちゃいます。

 

スポンサーリンク


1〜常温のお水で行う基本の「水揚げ」〜

常温の水を使う最も基本的な水揚げの方法です。

まずは動画を見てみましょう!

用意する物

  • 茎をきれいに洗った切り花
  • 常温の水を入れたキレイな花瓶
  • 新聞紙(1~2枚)、セロテープ、ハサミ

基本の水揚げの手順

  1. 茎がダランと曲がっているなら真っすぐに伸ばして、花を新聞紙に包む。(茎の切り口から10~15センチ程度を出しておく)
  2. 茎の切り口を数センチ、新しい切り口になるように切りなおす。このとき、腐っている部分があればすべて落とすように、長めに切り落とすこと。
  3. 新聞が浸からない程度の高さに水を入れた花瓶に花をつける。
  4. 数十分~数時間ほど見守って、花が元気になれば復活!新聞を外す。

2〜短時間で復活!スピード回復の「湯揚げ」〜

短時間での回復が期待できるのが、アツアツのお湯を使う「湯揚げ

数十秒でスピード回復できちゃいます

 

まずは動画で、やり方を見てみましょう!

湯揚げで用意する物

  • 茎をきれいに洗った切り花
  • 鍋と、沸かすための水
  • 水を入れたキレイな花瓶

湯揚げの手順

  1. 茎がダランと曲がっているなら真っすぐに伸ばして、花を新聞紙に包む。(茎の切り口から10~15センチ程度を出しておく)
  2. 茎の切り口を数センチ、新しい切り口になるように切りなおす。このとき、腐っている部分があればすべて落とすように、長めに切り落とすこと。
  3. 鍋でお湯を沸かす。花を活ける花瓶にも、水を張っておく。
  4. お湯が沸騰したら火をとめて、茎の切り口を5~30秒程度つける。
  5. お湯から出した花は、すぐに花瓶の水につける。

3〜テレビでも紹介された!「氷水を使った水揚げ」〜

ビニール袋を使って、氷水の中で横倒しにして水揚げする方法です。

NHKの人気番組「ためしてガッテン」でも放送されたので、知っているひともいるかも♪

 

夏の暑い時期や、ヒドく萎れてしまっている時に試してみるといいですね。

氷

用意する物

  • 茎をきれいに洗った切り花
  • 氷水
  • 水漏れしないビニール袋
  • テープ、ハサミ

氷水を使った水揚げの手順

  1. ビニール袋に氷水を入れる。
  2. 茎の切り口を数センチ、新しい切り口になるように切りなおす。このとき、腐っている部分があればすべて落とすように、長めに切り落とすこと。
  3. 花を(1)のビニール袋に入れる。花の部分は出して、茎の部分を閉じ込めるように、袋の口をテープで留める。
  4. 花を横倒しにし、茎と葉が氷水に浸かった状態で1時間~数時間放置する。
  5. 時々チェックして、花が元気になっていれば復活!ビニールから取り出す。

 

花を横倒しにすると、重力に逆らう必要がなくなるため水を吸いやすくなります。

 

葉も水に浸けることで、

通常の水揚げより早く回復させられますよ。

 

ただし、常温以上の水の中で葉が浸かった状態で放置するのはNG!

 

葉は腐りやすいですので、

この方法は必ず氷水で行ってくださいね。

 

鉢植えの花がなんだか元気ない時は?

鉢植

切り花だけでなく根っこのある鉢花も、なんとなく萎れてしまうことがありますね。

 

鉢花が萎れてしまった時はコレ!

  1. 水を張ったバケツを用意する。水は、花の鉢より低めに。
  2. 花を鉢ごと、バケツの水の中にいれる。
  3. 1時間おきほどにチェックしながら、花が元気を取り戻して来たら、復活!

 

スポンサーリンク


花を長持ちさせる3つのポイント

水をきれいに保つこと!

十円

花を長持ちさせるには、

花瓶の水をこまめに取り替えることがイチバン!

 

とは言っても、

こまめに水を取り替えるのは難しいこともあるし面倒なモノ

 

ホームセンターなどにある「花の延命剤」を購入するのもひとつの手ですが、

お金のかからない裏ワザもありますよ~♪

 

それはズバリ!「10円玉

 

花瓶の大きさにもよりますが、

10円玉硬貨を2~3枚ほど花瓶の中に沈めてください。

 

たったこれだけでOK!

 

10円玉の成分である銅が花瓶内の水をキレイに保ってくれるんです。

殺菌効果がある「銅」が花瓶内に雑菌が増えるのを防ぐのです!

 

風に気を付けて!

枯れた花

実は花は「風にあたる」ことがとっても苦手。

 

窓からの強い風や扇風機の風を直接あび続けると、

しなしな~…」となってしまうことが多いんです。

 

風の通り道にならない場所に、花を置いてあげるようにしましょう!

 

暑いのも苦手!

夏のひまわり

人間が汗をかくような夏の温度や、

冬でもエアコンやヒーターでぽかぽかに温められた部屋…。

 

こういった「暑さ」も、

花がぐったりと萎れてしまう原因。

 

花は暑がりだということも、覚えておきたいですね。

 

まとめ

『花が萎れてしまったら…』

  1. 新聞でくるんで、常温の水で数時間「水揚げ」
  2. 新聞でくるんで、熱湯でサッと「湯揚げ」
  3. ビニール袋に氷水を入れて、「氷水を使った水揚げ」
  4. 鉢植えが萎れてしまったら、水を張ったバケツにつけて水を吸わせる
  5. 花を萎れさせない裏ワザは、「10円玉」!

萎れてしまった花を復活させるには、

茎の切り口を新しくして水を吸う力を復活させてやること!

手軽に出来る方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいネ。

 

こちらの記事もオススメ♪

花屋が教えるハイビスカスの育て方!冬越しのキモは気温と〇と乾燥だッ

らくらく家庭菜園!室内で作れちゃう意外な野菜まとめ!

「アネモネ」の花言葉には2つの顔がある!色別では?誕生花も違う!

 

スポンサーリンク