仏教

法要や法事の際にお世話になる、

お寺のお坊さん

 

「おぼうさん」、となんとなく呼称していますが、実は、いろいろな呼ばれ方があるのを知っていますか?

たとえば、「住職」(じゅうしょく)や「和尚(おしょう)さん」などは、よく耳にしますね。

宗派や地域によっては、さらに呼び方が違ってきます。

 

呼び方について困るパターンは、

実際にお寺のお坊さんと対面したとき!

 

「お坊さん、こんにちは」

って……ア、アレ?なんか違わない?お坊さんに向かって、なんて呼びかけたらイイの~??

 

今回は、いざという時のために知っておきたい~!

いろいろなお坊さんの呼び方について、紹介していきます♪

 

スポンサーリンク


各宗派でこんなに違う!お坊さんの呼び方

テーラワーダ

浄土真宗では、お坊さんのことを

「ご住職様」「お寺さん」と、呼ぶことが多いですね。

 

では、他の宗派のお坊さんは…?

  • 【真言宗】:和尚(わじょう)様
  • 【天台宗】:和尚(かしょう)様
  • 【浄土宗】:和尚(おしょう)様
  • 【臨済宗】:和尚(おしょう)様
  • 【曹洞宗】:方丈(ほうじょう)様
  • 【日蓮宗】:ご上人(しょうにん)

こんなふうに、宗派によって呼び方は違うようです。

 

かしこまった呼び方をしたいなら?

基本的には、

「ご住職さん」(ごじゅうしょくさん)

が、広く浅い使い方としては便利です。

 

間違ってはいないのですが、

この呼び方は少し、かしこまった堅い印象になります。

 

世間一般的な、お寺の僧侶の方にも使える呼び方でもあるので、

「ご住職さん」と呼ぶことで、大きく間違うようなことはさけられますね。

 

普段使いの呼び方なら…

お寺の門徒(もんと)の方や、(門徒=浄土真宗を信仰する人)

もう少しラフな呼び方をしたい…という場合、

「お寺さん」(おてらさん)

と呼ぶのが便利です。

 

た だ し !

この呼び方は、ご住職さんに面と向かっては、使わないほうが良いです。

「お寺さん」という呼び方は、不特定多数のお寺のご住職さんに対する呼び方でもあるからです。

 

門徒の方ならこう呼びましょう!

門徒の方ならば、自分のお寺のご住職さんのことを、

「ご院家さん」(ごいんげさん)

と、親しみを込めた呼び方をします。

 

お寺にお参りをしたことがあれば、聞いたことがあるかもしれませんね!

「ご院家さん、今日はありがとうございました」という感じで使います。

 

浄土真宗の根付いた家庭や地域によっては、

  • 「ご院さん」(ごいんさん)
  • 「院主さん」(いんじゅさん)

と呼ぶ方もいます。

 

 こんな呼び方はNG!

お寺の僧侶の方を、

「お坊さん」(おぼうさん)

と呼んでいるのを、見聞きしたことがありませんか?

 

コレ、要注意!

少し失礼な言い方になりますので、使わないほうが無難です。

 

「坊主」(ぼうず)「坊さん」(ぼうさん)

なんていうのは、もってのほかですよ!

 

そもそも浄土真宗の戒律では頭を坊主にしなくてよいので、「お坊さん」といった言葉自体、そぐわない気もしますね。

髪の毛を生やした方がほとんどです。

 

もうひとつ、ついつい使いがちなのが

「和尚さん」(おしょうさん)

他宗派の僧侶の方には使うかもしれませんが、

浄土真宗では「和尚さん」といった呼び方はしないので、覚えておきましょう。

 

 地域や階級でも呼び方が変わる!

僧侶

お坊さんのによって、呼び名が変わる場合もあります。

年齢によって、

  • 「老師」(ろうし)
  • 「御老僧」(ごろうそう)
  • 「若院」(じゃくいん)

などを使うこともあります。

 

また、地方によっては下記のように呼ぶことも。

「ごえんじゅ」

寺院の主→院主(いんじゅ)→御院主(ごいんじゅ)→「ごえんじゅ」

「ごえんさん」

ご院さん→「ごえんさん」

「おっさま」

和尚さま→おしょうさま→「おっさま」

 

う~ん!そんなこと言われても、

位なんてわかんない!地域性も知らない~!

 

そんな、「なんて呼んだらいいか解らない!」ときは、『住職さん』と呼んでおくのが吉!

この呼び方は、ほとんどの宗派、日本全国で共通。

前後に「御」や「様」をつければ、丁寧でよいですね。

 

女性のお坊さんは、なんて呼ぶ?

仏教と海

お坊さん、僧侶、というと男性のイメージが強いですが、古くから女性僧侶は存在しています。

現代でも、僧侶になることを希望するなら、女性であってもすべての宗派で受け入れられます。

 

以前は、性差から【修行は別々に行う方が良い】とされ、中には女性だけの尼寺として発展した寺院もありますが、

現在では差別なく受け入れるのが一般的ですね。

 

もともと仏教は、老若男女を問わず、すべての人に開かれた宗教。

歴史的に見ても、男女が平等に扱われてきているのですよ♪

 

さて、そんな女性のお坊さんの呼び方!

これは男女関係なく、

「住職」(じゅうしょく)

と呼びますよ。

男性のお坊さんも、女性のお坊さんも、同じ呼び方をするのです。

 

そもそも「住職」というのは、本来「住持職」(じゅうじしょく)と呼ばれる仏教の職名。

一寺院を管掌(かんしょう)=(自分の仕事として責任を持って担当すること)する僧侶のことを指します。

仏教上の職名として、男女の区別はないのです。

 

それじゃあ、「尼(あま)さん」という言葉は何?と気になる方がいるかもしれませんね。

『尼』というのは、仏門(ぶつもん)=(仏の説いた道を極める修行のために寺に出家すること)に入った女性を指す言葉です。

 

男性僧侶のいる【寺】の「住職さん」に対して、女性僧侶だけの【尼寺】での習慣的な言い方は、

「庵主」(あんじゅ)

と呼ばれています。

尼寺では、「庵主様」(あんじゅさま)や「庵主さん」と言った方が無難かもしれません。

 

ただ、念をおしますが、

男性であれ女性であれ、正式には「住職」が正解です。

 

スポンサーリンク


お坊さん、和尚、住職、上人……一体なあに?

修道士

お坊さんと言ったり、おしょうさんといったり、住職と呼んだり……う~んコンガらがる!

では最後に、各呼び名の意味や由来を、ちょっぴり見てみましょうか。

『お坊さん』・『坊主』

どちらにも共通して含まれている「坊」という漢字。

この「坊」というのは、奈良時代・平安時代の【都城制】で整備された一区画のことです。

のちに、この「坊」というのは【寺院】を指すようになり、

次第に、そこに住む僧のことも指すようになりました。

これによって、「お坊さん」「坊主」という言葉が生まれたんですね。

『住職』

住職とは、住持職の略。

お寺を守るための住み込み専従僧侶・お寺の代表者を指します。

現在では、宗教法人のお寺の場合、法律的な立場は代表役員となります。

宗派によっては、庵主住持などとも呼びます。

『和尚』

和尚は梵語(ぼんご)のオッジャーを音写したもの。

「先生」「師匠」という意味です。人々に接し、教えを説く僧を指します。

  • 天台宗では「かしょう」
  • 浄土宗・禅宗では「おしょう」
  • 真言宗や法相宗では「わじょう」

と読みます。

律宗では発音は同じ「わじょう」ですが、漢字は「和上」と書きます。

浄土真宗では使わない呼び名です。

『聖人』・『上人』

「学問と徳を兼ね備えた人」という意味。日蓮宗でよく使う呼び方です。

  • 日蓮を「大聖人」
  • 日蓮大聖人の六人の高弟を「聖人」
  • お寺の住職を「上人」

と呼びます。

真宗系統でも、親鸞(しんらん)聖人のように「聖人」を使い、「上人」よりも格が上とされています。

 

まとめ

さて、おさらいしましょう!

  • 葬儀などの挨拶をする時、お坊さんの呼び方は…
浄土真宗では、「ご住職様」「お寺さん」、親しみを込めて「ご院家さん」など。

その他の宗派では、このように変わる。

  • 真言宗:和尚(わじょう)様
  • 天台宗:和尚(かしょう)様
  • 浄土宗:和尚(おしょう)様
  • 臨済宗:和尚(おしょう)様
  • 曹洞宗:方丈(ほうじょう)様
  • 日蓮宗:ご上人(しょうにん)様
    • 階級や、地域によっても呼び方が変わる。全国共通は「ご住職様」
    • 女性のお坊さんも、基本的には「ご住職様」と呼ぼう
  • お坊さん・坊主とは… 寺院に住む僧のことを指す言葉
  • 住職とは… 住持職の略。お寺を守るための、住み込み専従僧侶。お寺の代表者を指す。
  • 和尚とは… 梵語のオッジャーに由来し、先生や師匠という意味。人々に接し、教えを説く僧を指す。
  • 聖人・上人とは… 学問と徳を兼ね備えた人、という意味。

 

さて…あなたがお世話になるお寺のお坊さんを、なんと呼べばいいか、判断できましたか?

住職…和尚さん…お坊さん…、それぞれの意味も知ると、少し理解しやすくなるかもしれませんね。

もし迷ったときには、『ご住職様』と呼べば、間違いはなし!

 

ただし…。お坊さんだって、「人」なんです。

誰だって、「ちょっとアナタ」と呼ばれるより「〇〇君」と正しい名前で呼んでもらったほうが、

嬉しい気持ちになりませんか?

 

自分が檀家になっているお寺のお坊さんくらいは、宗派に合った呼び方ができれば、

ご住職様も、お勤めに気合いが入るもの……かも、知れませんよネ♪

 

関連記事はこちらですよ。

小学生でも理解できる神様と仏様の違い!重要な5つのポイントは?

真言宗で戒名!全国の相場をズバリ告知!ランクも付け方も大事です!

 

スポンサーリンク