アジの開き

個人的な好みですが、私は肉よりも魚が好きです。

特に旬の時期に油がのった、アジの開きはおいしいですよね~!

 

ちょっと前の話になってしまいますが、お正月に実家に帰った時、父が大量のアジを釣ってきたので、食卓はアジ祭りになったのですが…気になることがありました。

アジってどんな栄養があるんだ?

魚だからなんだか体には良さそうとは思っていましたが、調べてみると意外な事実が発覚しました。

実は生より干物や焼いた方が栄養価が高いんですよ。

 

生で食べるのがもったいないなぁ〜と。

そんなアジの開きの驚異的な成分や効果を詳しく説明していきますね。

 

スポンサーリンク


干物は生の2倍栄養なのに低カロリー?

アジの干物

アジは干物にすると、

アミノ酸などの旨み成分が生成されます。

 

さらに、ビタミンやミネラルなどの栄養素が濃縮され、たんぱく質や脂肪が生魚のときより、

2倍以上に増えるといわれています。

 

また、干物にする際に天然塩を使って干すのでアジの水分が中に閉じ込められ、生の魚を焼いた時よりも美味しくなり、保存がきく食べ物になります。

 

同じ量を食べるのに栄養素が2倍に増え、しかも生よりもおいしく食べれる!!

と聞いたからには、

ぜっったい“干物”にしたアジを食べるほうが、体のためにも自分の満足度的にも絶対“得”だと思いませんか???

 

こちらのグラフは両者の成分を比較しています。

一目瞭然!

干物の方が圧倒的に高いのがわかりますね。

 

成分比較(100g)

 

生アジ

干物

たんぱく質

14.08g

19.19g

ビタミンD

1.36μg

2.03μg

ビタミンE

0.27mg

0.78mg

ビタミン12

0.48μg

6.63μg

0.48mg

0.7mg

ドコサヘキサエン

299.2mg

1014mg

カリウム

251.6mg

273mg

 

<気になるカロリーは?>

女性の方は特に気になるところですよね〜

 

でも全く問題なーし!

 

脂がのっているという事はカロリーが高いのかな…と思っちゃいますが、アジの開き1枚のカロリーは、

“120~200kcal”で意外と低カロリーなんです。

 

※100gあたり

  • アジ→121 kcal
  • さば→202kcal
  • ぶり→257kca
  • さんま→310kcal

他の魚と比べてみると…アジのカロリーが断トツで低いですね。

アジはどの魚よりも女性の味方でした♪

 

でも、さんまに対してアジを3倍食べたらアウトですよ!(笑)

それだけは注意しましょう。

 

7つの栄養素と健康効果とは?

アジ

アジには3大栄養素が含まれているのに加え、ダイエットに最適なものも含まれているんです。

アジに含まれている栄養素はこちらになります!

1 EPA

不飽和脂肪酸の「EPA(エイコサペンタエン酸)」は血液中のコレステロール値を下げ、血液がサラサラになることから動脈硬化を予防する働きがある。

よくCMで“EPAがとれる”と言われているサプリを見ることがありますが、サプリよりも食べ物でとれるのはいいですね。

2 DHA

EPA同様、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」も不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液中の中性脂肪を減らす。

3 たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつで、

アジには良質なたんぱく質がたくさん含まれています。

植物性より動物性のほうが栄養価が高い傾向があります。

たんぱく質は内臓や血液、ホルモン、骨を作ってくれます。

ダイエットする際にも、良質なたんぱく質が必要と言われるので、うれしい食材ですね。

4 カリウム

カリウムには、余分な塩分を体の外に排出して、血圧の上昇を抑える働きがあります。

カリウムが不足すると、身体がむくむ原因になるといわれています。

女性に対的なむくみ!むくみに悩む女性には、特におススメです!

5 セレン

ビタミンEと同じような抗酸化作用があり、病気の原因とされる活性酸素を抑える働きをします。

アジにはセレンが多く含まれています。老化防止に必須な栄養素です。積極的にとりたい栄養素ですね。

6 ビタミンD

ビタミンDは脂に溶ける脂溶性のビタミンで、カルシウムの吸収を助けます。

骨を健康を保つのに働いてくれます!

7 ナイアシン

ビタミンB群のひとつで、脂質の代謝を促す働きがあるので、中性脂肪を減らすことができると考えられている。

ダイエット効果があるとされる成分です。

 

スポンサーリンク


唐突ですが、正しい食べ方の動画を紹介します!私は知らなかったのでいい勉強になりました(笑)

日本人なら覚えておきたいですね。ぜひ参考までに♪

アジの開きの絶品レシピはこれ!

あじのちらし

アジの開きって、焼いたり、揚げたりするほかにレパートリーがない…と思ってしまうかもしれませんが、活用方法はいろいろありますよ!

<アジの開きで作るちらし寿司(4人分)>

  レシピの材料

  • アジの開き 2枚
  • きゅうり  1本
  • 紅しょうが 大さじ2
  • 白ゴマ   適量
  • 寿司飯   4人分

  レシピの手順

  1. アジの開きを焼く。
  2. きゅうりを輪切りにし、塩もみしておく。
  3. アジが焼けたら、手で身をほぐし骨を取り除く。
  4. きゅうりを手でしっかり絞り、水気をとる。紅ショウガの水気も切っておく。
  5. 大きめのボールに寿司飯を入れ、きゅうり、アジ、紅ショウガを混ぜる。
  6. 盛り付けの最後にお好みで白ゴマをかければ出来上がり!

 

 まとめ

  1. アジの開きは生の2倍の栄養素を含んでいる。
  2. 1枚150~200kcalと他の魚と比べても低カロリー。
  3. EPA・DHA・たんぱく質・カリウム・ビタミン等の栄養素が豊富。
  4. 動脈硬化予防・中性脂肪の軽減・老化防止等の健康効果。
  5. むくみ予防やダイエット効果に期待できる。

 

アジの開きってもの凄く栄養価が高いことがわかったいただけたと思います。

生で食べるのも美味しいですが、干物を食べたほうが色々とお得ですよ!

年代に関係なくメリットがたくさんあるので、食卓に取り入れればみんなで健康になるでしょう♪

今日の夜ごはんのメニューをまだ考えていなかったのですが、「アジの開き」を使ったメニューにしようかなという気になりました。実家に帰った時に父が大量にアジを釣ってきたら、今まで作った事がないアジ料理を作ってみたいと思います。

 

美肌の秘訣は皮にあり!!栄養たっぷり鮭の皮を徹底調査!!

ひじきの圧倒的な栄養と健康効果が優秀!ダイエットにも期待大!

アボカドは肌への効果が絶大!「食べる美容液」と呼ばれる実力とは?

 

スポンサーリンク