12枚のカレンダー

英語で12ヶ月をきちんと言えますか?

 

いちいち調べていたら、

時間がもったいない上にせっかく乗ってきた仕事も中断することにもなりかねません。

 

一度覚えてしまえば掛け算九九のように頭に残りますよ♪

 

由来を知りながら楽しんで覚えてみてください。

小学校英語講師がオススメする簡単な覚え方もご紹介します!

 

スポンサーリンク


1〜12月の英語のスペルと読み方!

読み方のコツを解説してあります。

自分が言えそうなところまで切って練習し、後からくっつけると発音しやすくなるということで

本当に簡単になるので不思議です!

 

そしてスペルと読みはこちら!

  •    1月  January    ジャニュアリー 
  •  2月  February    フェブラリー
  •  3月  March      マーチ
  •  4月  April       エイプリル
  •  5月  May        メイ
  •  6月  June       ジュン
  •  7月  Jury        ジュライ
  •  8月  August     オーガスト
  •  9月  September セプテンバー
  • 10月  October      オクトーバー
  • 11月  November    ノヴェンバー
  • 12月  December    ディセンバー

省略形は頭の3文字にドットをつけます。

5月のMayには省略されないのでドットはつけません。

 

最初が大文字の意味は?

月の名前の表記は1文字目を大文字にしますが、

どういうことでしょうかね。

 

これは特定の何か」や「特定の神様」の月という意味で大文字にします。

 

つまり固有名詞のように、

何かを特定できる単語の頭文字は大文字で書き始めます。

 

12か月の名称はそれぞれに由来あり

ローマの彫刻

月の名称の語源は全てラテン語。

ローマ神話と深い関係があり個々に意味があるんです!

それでは1月から見ていきましょう。

 

<1月>

Janusヤーヌス〜神の月の意」という古代ローマの神の名から。

また、清めの神の名頭の前後に顔を持ち門や戸口を守護する。

旧年と新年の両方にまたがる月である、物事の始まりと終わりを司る神の名から。

<2月>

ラテン語の「罪を清める儀式februa(フェブラの月)」から。

また、清めの神の名Februus/フェブラウスから。

<3月>

ローマ神話の「軍師Marsマルスの月」から。

3月はローマ暦で始まりの月。

<4月>

ラテン語の「開く」から。

蕾が開き始めることに由来されるともされている。

もしくはギリシャ神話の女神アフロディーテ/Aphroditeから。

<5月>

ローマ神話の豊穣の女神マイアMaia、マイアス/Maiusから。

<6月>

古代ローマの血今夜出産の女神「ジュノー/Junoの月」から。

<7月>

7月生まれのローマの将軍

政治家でありラテンの文筆家でもあったジュリアス(カエサル)・シーザー/Julius Caesarの名から。

<8月>

8月生まれの初代ローマ皇帝アウグストゥス/Augustusの名から。

この月に彼の人生の中で幸運な出来事があったとされる。

<9月>

ラテン語の「7番目の月septem」から。

ローマの旧暦では1年が10か月であったが現在のような1年12か月になって数がずれた。

10月から12月も同じ理由で数がずれている。

<10月>

ラテン語の「8番目の月octo」から

<11月>

ラテン語の「9番目の月novem」から

<12月>

ラテン語の「10番目の月decem」から

 

1日〜31日の英語のスペルと読み方

次は1ヶ月間の英語表記になります。

野球のポジションで「ファースト・セカンド・サード」と呼ばれてますね。

関係ないのかな?

まぁ!覚えといて損はしないでしょう♪

<1日〜10日>
  •  1日    1st  first      ファースト
  •  2日    2nd second     セカンド
  •  3日    3rd  third      サード
  •  4日    4th  fourth    フォース
  •  5日      5th    fifth     フィフス
  •  6日    6th  sixth    シックスス
  •  7日    7th  seventh    セブンス
  •  8日  8th  eighth      エイス
  •  9日  9th  ninth      ナインス
  • 10日   10th tenth      テンス
<11日〜20日>
  • 11日 11th eleventh        イレブンス
  • 12日 12th   twelfth        トゥウェルフス
  • 13日   13th   thirteenth      サーティーンス
  • 14日 14th   fourteenth     フォーティーンス
  • 15日 15th   fifteenth      フィフティーンス
  • 16日 16th   sixteenth     シックスティーンス
  • 17日 17th   seventeenth  セブンティーンス
  • 18日   18th   eighteenth   エイティーンス
  • 19日 19th   nineteenth   ナインティーンス
  • 20日 20th   twentieth     トゥウェンティース
<21日〜31日>
  • 21日 21st  twenty-first  トゥウェンティ ファースト
  • 22日   22nd  〃  -second    〃     セカンド
  • 23日 23rd  〃  -third           〃    サード
  • 24日 24th  〃  -fourth         〃          フォース
  • 25日 25th  〃  -fifth            〃          フィフス
  • 26日 26th  〃  -sixth           〃          シックスス
  • 27日 27th  〃  -seventh      〃           セブンス
  • 28日 28th  〃  -eighth        〃           エイス
  • 29日 29th  〃  -ninth          〃           ナインス
  • 30日 30th    thirtieth   サーティース
  • 31日   31st    thirty-first    サーティーファースト

 

スポンサーリンク


季節の英語は?

春夏秋冬

  • 四季 four seasons  フォーシーズンズ
  • 春    Spring     スプリング
  • 夏    Summer    サマー
  • 秋    Fallフォール / Autumnオータム
  • 冬    Winter     ウインター

楽しい覚え方と曲の紹介

曲名は「The Months of the Year Song」です。

歌いながら覚えるのが確実です。

これなら一度覚えたら忘れませんよ♪

 

月別の英単語の覚え方ですが、

残念ながら科学の原子記号の「水兵リーベ僕の船」ような特効薬はありませんので、

ちょっと工夫が要ります。

 

イベントと関連付けるのが良いです。

 1月→お正月で、じゃん(Jan.)じゃんお酒が飲めるジャニュアリー

 2月→ふた月目でF(エフ)=フェブラリー

 3月→卒業式の行進マーチ

 4月→エイプリルフール

 5月→となりのトトロのメイ=さつき(五月)

 6月→6月の花嫁ジューンブライド

 7月→7をひっくり返してJでJury

 8月→Aの足を2本つなげて8と見る/オゥ!あ(A)ついAugust

 9月→丸のつなぎ目をほどくとSに見える?!

10月→0をOと見る

11月→11に斜めに線を入れるとN

12月→1と2をくっつけるとDに見える?!

 

7月からは頭文字の形から連想して覚えます。

 

スタディサプリ ENGLISH

まとめ

  1. 短縮形は、頭の3文字に.ドットを付ける。
  2. 5月Mayは3文字で省略しないので.ドットはつけない。
  3. はじめの文字が大文字なのは、固有名詞で特定の何かがはっきりしている。
  4. 月の英単語の由来はラテン語やローマ神話から。
  5. 覚える時はイベントに関連付けたり、形に関連付ける。

 

一度覚えると、けっこう使用頻度が高いので忘れないですよ。

順番も含めてしっかり覚えてくださいね。

 

関連記事はこちら!

太陽系や惑星の英語の覚え方!嫌でも耳に焼きつく曲で簡単に習得!

多角形の英語の呼び方は?n角形やn乗根・一角形〜億角形まで存在!

東西南北の英語表記をカンペキに!順序と4方位〜32方位の覚え方!

 

スポンサーリンク