地球と星

地球を含む太陽系の星々の英語を覚えるのに苦労している方、

これから覚えようという方必見です!

 

順番通りに覚えてしまえば、英語だけでなく理科の勉強にもなります。

実はこれらを簡単に覚えられる方法があるんです♪

 

そして星の名前には、

ちょっと気になる秘密があるので後ほどご紹介しますね。

 

それでは楽しく学んでいきましょう!

 

スポンサーリンク


太陽系の順番と英語のスペル

太陽系-2

「水金地火木土天冥海」って、何のことかわかりますか?

これ星の並び順なんです。太陽から近い順に、

水星→金星→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王星

(すい・きん・ち・か・もく・ど・てん・かい・めい)

この順に覚えておくと頭に残りやすいですよ♪

 

スペルと読みはこちら!

  • 太陽 =   Sun         サン
  • 水星 =   Mercury  マーキュリー
  • 金星 =   Venus     ヴィーナス
  • 地球 =   Earth       アース
  • 火星 =   Mars       マース
  • 木星 =   Jupiter    ジュピター
  • 土星 =   Saturn     サターン
  • 天王星=   Uranus    ウラヌス
  • 冥王星=   Pluto       プルート
  • 海王星=   Neptun    ネプチューン

 

どこかで聞いたことがありますね?

 

例えば「美少女戦士セーラームーン」は、月を守護星に持つ美少女戦士。

他にも、セーラーマーキュリーは、水星を守護星とした水と知性の戦士ですし、セーラーマーズは、炎と情熱の戦士で火星。セーラージュピターは、雷と怪力技の木星の戦士。セーラーヴィーナスは、愛と美貌の金星の戦士です。

 

お供の猫にも月に関わるアルテミス(ギリシャ神話の月の女神)、ダイアナ(ローマ神話の月の女神)、ルナ(ラテン語で月の意)と名前が付いています。

 

素敵な名前だなーと思って見ていた方も多いと思いますが星たちの名前だったのですね。

 

「ジュピター」というクラシックが原曲の平原綾香さんの歌もありますね。

雄大な感じが宇宙にぴったりです。

 

太陽系の名前と語源

太陽系

日曜日=太陽(sun)に捧げられた日

月曜日=月(moon)に捧げられた日

火曜日=Teutonチュートン民族の軍神Tiu/テュー(ローマの軍神マーズ(mars/火星)に捧げられた日

水曜日=ゲルマン神話の大神Woden/ウッドゥン(ローマ神話のMercury/水星)に捧げられた日

木曜日=Woden/ウッドゥンの長男である雷神Thor/サーに捧げられた日

金曜日=Wodenの妻Frigg/フリッグ(ローマ神話のVenus/金星)に捧げられた日

土曜日=ローマ神話の農業神Saturn/土星に捧げられた日

天王星=ローマ神話の天空神Uranus/ウラヌス(ギリシャ神話では、ウラノス)から。

冥王星=ローマ神話の冥界の神Pluto/プルートから。惑星とされていたが、現在は準惑星に降格。

海王星=ローマ神話の海神Neptunus/ネプトゥーヌス(ギリシャ神話のポセイドン)の当たる。

 

手塚治虫の海の冒険アニメ「海のトリトン」

ストーリーはギリシャ神話とは、全く関係なかったけど、登場人物の名前が海神ポセイドンなど魅力的でした。

 

星の名前は、神々に捧げられたのが語源なんですね。

昔の人は、信心深かったのでしょうか。

 

曜日の英語と惑星の関係

暦版

<一週間>

  1. 日曜日=  Sunday          サンデー   
  2. 月曜日=  Monday         マンデー   
  3. 火曜日=  Tuesday        チューズデー 
  4. 水曜日=  Wednesday     ウェンズデー 
  5. 木曜日=  Thursday       サースデー  
  6. 金曜日=  Friday          フライデー  
  7. 土曜日=  Saturday        サタデー   

 

一週間・曜日の概念については古代バビロニアまで遡ります。

それが、紀元前1世紀頃のギリシャやエジプトで完成したと言われています。

 

一方で古代バビロニアで生まれたものがユダヤ教徒を経由して、キリスト教徒まで伝わったとされています。

七曜は、一曜が1時間ごとに地上を守護すると考えられていました。

 

また、天動説では地球から見た角速度が速いものほど地球に近いとされ、

月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星の順に並んでいると考えられていました。

 

1時間ごとにこの順で回っていくと、

1日の始まりが土星、太陽→月→火星→水星→木星→金星で一周しました。

この1日の始まりの時間の守護星の名が現在の曜日の名前になっています。

 

天体は、航海や農業などに欠かせないものでした。由来を知ると星占いを信じたくなりませんか?

 

ちなみに星占いは、Horoscope/ホロスコープです。

雑誌などでおなじみですね。

 

有名な星や星座の英語

星屑

 

昴(すばる)=  Pleiades    プレディウス / Seven Sisters  セブンシスターズ

シリウス  =  Sirius                 シリウス

北極星   =  Polaris                ポラリス

天の川   =  Milky Way   ミルキーウェイ / Galaxy   ギャラクシー

オリオン座 =   Orion                 オリオン

カシオペア座=  Cassiopeia          カシオペア

北斗七星  =  Great Dipper        グレートディッパー

南十字星  =  the Southern Cross   サザンクロス

彗星    =  comet         コメット

流れ星   =  shooting star        シューティングスター

 

インストゥルメンタルのミュージシャンの名前の

「カシオペア」とか、だいぶ前の人気ドラマ「コメットさん」、など、ここから名前をつけていたのですね。

 

宇宙系の英語

銀河系

 

太陽系  =   solar system  ソーラー システム

銀河系  =     Milky Way ミルキーウェイ / Galaxy  ギャラクシー

衛星   =   satellite    サテライト

恒星   =   star  スター / fixet star  フィクストゥ スター

宇宙   =   universe    ユニバース

ビッグバン=   big bang    ビッグバン

自転   =   rotation     ローテイション

公転   =   revolution   レボリューション

 

ミスユニバースなんて言葉は、

美女世界一と思ってたんですが宇宙一の美女だったようでビックリです。

 

スポンサーリンク


太陽系の英語の覚え方!歌うだけで簡単に習得♪

The Planet Song ザ プラネット ソング)」

順番通りに歌っていて、星の特徴も歌われています。

 

 

この曲の歌詞(英語のスペル・読み・和訳)をまとめてみました♪

動画と合わせて練習すると早く覚えられますよ。

 

We are the planets and this is the song

ウイ アー ザ プラネッツ アンド ディス ザ ソング

(僕らは惑星、これはその歌)

Gather on you friends in come sing alone

ギャザー オン ユー フレンズ イン カム シング アローン

(ひとりなら、一緒に来て友達と歌おう)

Mercury is small, hot and firely

マーキュリー イズ スモール ホット アンド ファイヤーリー

(水星は、小さい、暑くて火のよう)

Venus is bright shiny in sparkly

ヴィーナス イズ ブライト シャイニー イン スパークリー

(金星は、輝いている、光っていて弾けてる)

Earth is home for you and me

アース イズ ホーム フォー ユー アンド ミー

(地球は家、あなたと私の)

Mars has motion tough really funny

マーズ ハズ モーション タフ リアリー ファニー

(火星は、動きます、頑丈で本当に面白い)

We are the planets and this is the song

ウイ アー ザ プラネッツ アンド ディス ザ ソング

(僕らは惑星、これはその歌)

Gather on you friends in come sing alone

ギャザー オン ユー フレンズ イン カム シング アローン

(ひとりなら、一緒に来て友達と歌おう)

Jupiter is strong and very big

ジュピター イズ ストロング アンド ベリー ビッグ

(木星は、強い、そしてとても大きい)

Saturn is one with so many rings

サターン イズ ワン ウィズ ソー メニー リングス

(土星は、一つの星の周りにたくさんの輪っかがあります)

Uranus is cold and far away

ウラヌス イズ コールド アンド ファー アウェイ

(天王星は、冷たい、そして遠くに離れています)

Neptune is last but heedlessly

ネプチューン イズ ラスト バット ヒードレスリー

(海王星は、うっかり最後になっちゃった)

We are the planets and this is the song

ウイ アー ザ プラネッツ アンド ディス ザ ソング

(僕らは惑星、これはその歌)

Gather on you friends in come sing alone

ギャザー オン ユー フレンズ イン カム シング アローン

(ひとりなら、一緒に来て友達と歌おう)

come sing alone

カム シング アローン

(ひとりでも来て歌おう)

 

一方、こちらは、語呂合わせ的な覚え方です。

 Mercury  Venus   Earth   Mars   Jupiter  Saturn Uranus  Neptune

頭文字(赤文字)と関連付けするのがコツ!       

My Very Educated Mother Just Showed Us Neptune

マイ ベリー エデュケイテッド マザー ジャスト ショウドゥ アスネプチューン

(私の教育的なお母さんは、私たちに海王星を見せた。)

 

冥王/Plutoは惑星から外れたので、この覚え方には入っていません。

Us Pluto Neptuneとしてもいいでしょう。

 

ビッグ・イージー

最後に

由来がわかると、覚えるのが楽しくなりますね。

覚え歌は、メロディが素敵で、歌っていて気持ちいいですよ。

スペルを間違えやすいので、何度も書いて覚えてくださいね。

 

関連記事はこちら!

月の大きさが変化する理由「今日の月大きいね」は間違いだった!?

星座の起源はいつ!?古の文明や数ある謎を解明!北斗七星は非公式?

東西南北の英語表記をカンペキに!順序と4方位〜32方位の覚え方!

 

スポンサーリンク