月見イラスト

9月のイベント、十五夜のお月見

 

お月見といってイメージするものといったら…

  • 三方にお供えされた白くてまんまるの月見団子
  • 風にそよぐススキ
  • 月で餅つきをしているウサギ

な~んてところでしょうか。

 

さてはて、こう並べてみて思うことですが、

「…なんで月見は、団子なの?」

「…なんでが月で餅つきを?」

このあたり、気になりませんか?

 

今回はそんな9月のロマンチックなイベント

『十五夜』にまつわる、【月見団子やうさぎの由来】について紹介しちゃいますよ。

 

スポンサーリンク


そもそも「十五夜」ってな〜に?

十五夜は、別名を中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)と言います。

旧暦の8月15日のことです。

 

これが中秋の名月だ!

確かに超キレイ♪私も思わず黙って見てしまいました…(撮影した方が上手いのもあるネ)

この後に説明しますが、「月に〇〇するようになった」という理由も納得!

【1:10〜2:25】がベストショットですよ。

旧暦では、月の数え方を

  • 1月~3月を春
  • 4月~6月を夏
  • 7月~9月を秋
  • 10月~12月を冬

と数えていたので、

「中秋」は8になるわけですね。

 

旧暦では、月の満ち欠けが日付の決まりになっていて、月が新月になった日を<月の初め・1日>としていました。

 

月は新月から約15日かけて満月になるので、昔の十五夜は必ず満月だったのです

現在の「太陽暦」は、月の満ち欠けとは関係がないので、必ずしも満月にはならないようです。

 

また、秋は湿度や月の位置から、月が1番キレイに見えることが科学的にも証明されています。

 これを知ってか知らずか、

昔の人は旧暦の8月15日を『十五夜』と呼んで、1年でいちばんキレイな月を見ようと、お月見を楽しんだ訳ですね。

 

なぜ、お月見といば「団子」なの?

月とススキ

では、「なぜ団子を食べるの?」「なぜススキを飾るの?」という、

お供え物関連の疑問を掘り下げていきましょう。

 

もともとの『お月見』は、

採れた季節の収穫物を食べながら、ただキレイな月を眺めているだけの行事

というものでした。

行事というほど大層なモノでもなく、人々のそういう習慣、という感じだったようですね〜

 

それが次第に、

  • 豊作を月に感謝する
  • 豊作を神様に感謝する

という意味が加わるようになり、

それに従ってお供え物をするようになっていったのです。

 

「豊作を月に感謝」

というのが、いかにも日本人の美学らしいですよね。

 

月に似せた「丸いお団子」をお供えすることで、月に感謝を示そうと考えるようになっていきました。

 

また、稲穂に姿形の似ている「すすき」をお供えすることで、お米の豊作を願うように。

そして、この時期に収穫されるイモをお供えすることで、その年の豊作を感謝し、今後の豊作を祈ります。

 

お供えした物は自らもそれを一緒に頂くことで、

神様を「お・も・て・な・し」しているという意味をもちます。

これが、お供えするだけでなく、我々自身もお団子を食べる理由なんですネ。

 

月見団子は白くて丸い…だけじゃない!?

月見団子イラスト

さて、このイラストにもある【白くてまんまるの月見団子

多くの人が、月見団子と言ったらコレをイメージすることと思います。

 

だがしかし!

 

実はこの丸形の月見団子をお供えしている地域は、なんと日本の4割程度しかないって、ご存知ですか?

 

意外や意外、お月見団子は、地域によって形も味も様々なんです!

ざっくり分けるだけでも、こんな感じ。

 

<北海道/東北地方上部>

「おまんじゅう」

中にあんこが入った“まんじゅう”を供えます。“団子”じゃないんです!

<東北地方下部>

「白くてまんまる」

ただし、中には黄色いあんこが入っています。

このタイプの月見団子は、全体の2割弱ほどを占めます。

<関東地方>

「白くてまんまる」

お餅自体が甘く、中には何も入っていません。

この関東系の月見団子が、全体の2割強。

白くて丸い月見団子をお供えするのは、関東と東北下部合わせて4割程度ということ!

<関西地方>

「白くて細長く丸めた餅に、あんこ乗せ」

細長く丸めたモチは、「里芋」に見立てているんですって。

ちょうど十五夜の時期に実りを迎える里芋を“収穫の象徴”としてお供えにした、というのが、関西の月見団子の由来だそう。

<中国地方/四国地方>

「串団子」

団子は、あんこでくるんであることが多いようです。

みたらし団子やきな粉をまぶした団子などもあって、バリエーション豊富!

 

もちろんこれら以外にも、「ご当地お月見団子」がいっぱいあります~!

月見団子といえば白くて丸いモチだと思っていた人には、結構オドロキですよね。

 

スポンサーリンク


「うさぎ」が月で餅をつく由来は切ないストーリー!

月見イラスト

「…なんで、月にうさぎがいるの?」誰もが一度は思ったことのある疑問ですよね。

この疑問の答えには、

インドのジャータカ神話という言い伝えが有名。

 

【お月見とうさぎの悲劇の物語】

 

昔、人間に憧れた、

うさぎ、きつね、さるがいました。

 

この3匹は、“何かいいことをすれば人間になれるかもしれない”と夢を持っていました。

 

それを知った帝釈天(たいしゃくてん)という神様が、お腹を空かせた老人に扮して、彼らがどう行動するか見てみることにしたのです。

 

きつねとさるは、それぞれ持ち前の運動神経を活かして食料を採ってきました。

しかし、うさぎは何も採ってくることができません。

 

すると、うさぎは

代わりに自分を食べて下さい!

と火を焚き、自らそこに飛び込んでいったのです。

 

これを見た帝釈天は、

うさぎを可哀想に思い、また優しさに感動し、

月の神社にうさぎを祀りました。

 

月に祀られたうさぎは、

今でもお腹を空かせた老人のために、餅つきをしているのです。

 

予想外の、切ない物語。

うさぎは寂しがりやな動物…なんて言われますが、ホントはこんな一面もあるのかも。

 

まとめ

  1. 十五夜とは、旧暦の8月15日。 1年でいちばん綺麗な満月になる日。
  2. 月に似せた「丸いお団子」をお供えすることで、月に感謝を示している。
  3. 白くて丸い月見団子は、日本の4割程度。地域によって味や見た目は様々。
  4. 「月にうさぎがいる」のは、インドのジャータカ神話の中で、うさぎの行動に感動した帝釈天が月に祀ったことから。

 

今では、わざわざ団子を用意して、十五夜のお月見をする家庭は少なくなったかもしれません。

でもこうして紐解いてみると、今昔変わらぬ、日本人ならではの美学みたいのものを、ヒシヒシと感じるのは私だけでしょうか。

 

「なぜ、お団子を食べる日なのか?」

「どうして月に、うさぎがいるのか?」

これくらいは、日本人として、

我が子に聞かれたときにはスラスラと答えられる大人で、ありたいものですネ。

 

こちらの記事もオススメ。

夏の大三角形と七夕伝説の関係性!織姫と彦星は鷲(ワシ)だった!?

月の大きさが変化する理由「今日の月大きいね」は間違いだった!?

ハロウィンの謎「かぼちゃ」の由来が衝撃的!ジャックはマヌケな男!

 

スポンサーリンク